ドーダの近代史

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 396p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784022503022
  • NDC分類 210.6
  • Cコード C0020

内容説明

「ドーダ理論」は世界最強のグランド・セオリーだ!これさえあれば、文学から革命運動まで、人間のすべての活動を解明できる!水戸学から、西郷隆盛、中江兆民、頭山満まで。まじめに抱腹絶倒な近代通史の試み。

目次

ドーダ学とは何か?
ドーダの夜明け―水戸学
水戸光圀の子供たち
陰ドーダの誕生
外ドーダの登場
内ドーダへの転換―西郷隆盛の子供たち

著者等紹介

鹿島茂[カシマシゲル]
1949年横浜市生まれ、73年東京大学文学部仏文科卒業、78年東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。共立女子大学文芸学部教授。1991年『馬車が買いたい!』(白水社)でサントリー学芸賞、96年『子供より古書が大事と思いたい』(青土社)で講談社エッセイ賞、99年『愛書狂』(角川春樹事務所)でゲスナー賞、『パリ風俗』(白水社)で読売文学賞評論・伝記賞を受賞するなど、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。