旺文社創作児童文学<br> 葬式ごっこ

  • ポイントキャンペーン

旺文社創作児童文学
葬式ごっこ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 143p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784010695500
  • NDC分類 K913
  • Cコード C8393

出版社内容情報

同級生のシシ君が、いじめを苦に自殺してしまった。ぼくは、いじめグループには入っていなかった。むしろシシ君とは仲がよかったぐらいだ。けれど、ぼくはシシ君がいじめられるところをただ見ていた。時には面白がっていた。自分がいじめらめたくなかったから。ぼくには、シシ君の自殺に全く責任がなかったと言えるだろうか。1986年に起こった鹿川君の自殺事件。そして、その引き金ともなった教室内での「葬式ごっこ」。実話をもとに構成したフィクションです。

内容説明

いじめは他人事じゃない。見ないふりしていませんか?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みー

5
記憶の引き出しに、このタイトル・・聞いた事があるなぁと思い、図書館で借りた本。案の定、昭和60年に初めて、「苛め自殺」が大々的に取り上げられた事件をもとにした児童書だった。私達がこの位の時代は、「積み木崩し」とか、ヤンキーと呼ばれる子供がそこら中にいて、今とは別の形での学校崩壊が問題となっていた。苛めがあると、解決に向けて動くよりも、確かに「転校」が推奨されていたな~と、この本を読んで自分の中学校の苛め対応に対しても思い出した。この事件から20年以上経った今も苛めはなくならない。苛めはなくならないのだ。2015/09/23

a43

2
児童コーナーにあったのを、タイトルに驚いて借りた。86年の実話をもとにしたフィクションだった。しかも作者は「ストップ・イン・ザ・サン」などの作詞家だと。2013/04/17

がばいおばちゃん

2
重かった。衝撃的な事件で覚えている。そのあとも大河内君とか…。字が大きいのであっという間に読める。「イジメの本ありますか?」と聞かれたのでこの本を出したことがあり、一応読んでおこうと思って読んだ。2012/01/12

ふみ

1
主人公と周りの友人たちは強いなあ、と思いました。自分たちの罪を認めて、反省して、前を向いて、担任の先生を許せて、えらい。わたしはあの先生を絶対に許せないよ、、、2016/10/15

みぃ

1
86年、イジメを苦に自殺した鹿川君のお話。いまだになくならないイジメ。それどころか酷くなっている。《イジメ=犯罪》今後、警察が介入したとして、法律ができたとして、本当になくなる日はくるのだろうか。2012/11/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/203880

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。