岩波現代文庫<br> 桜の森の満開の下

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波現代文庫
桜の森の満開の下

  • ウェブストアに43冊在庫がございます。(2018年01月22日 15時52分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 192p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006022945
  • NDC分類 726.1
  • Cコード C0179

内容説明

鈴鹿の山に暮らす一人の山賊。怖いものなしの山賊が唯一怖れていたのは満開の桜の森であった。ある日、山賊は旅をする美しい女に出会い、その夫を殺して自分の妻にする。わがままな女の言いなりになる山賊と、涯のない欲望を持つ女はやがて―。

著者紹介

近藤ようこ[コンドウヨウコ]
1957年新潟市生まれ。漫画家。折口民俗学への関心から國學院大學に進学し、在学中に漫画家としてデビュー

坂口安吾[サカグチアンゴ]
1906‐1955年。新潟市生まれ。作家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

鈴鹿の山に暮らす山賊が唯一怖れていたのは満開の桜の森であった。ある日、山賊は美しい女と出会い、女の夫を殺して八人目の妻にする。女の欲望には涯がなく、山賊の心を蝕んでいった。そして、また桜の季節がめぐってきた――。(カラー8頁)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件