岩波現代文庫
鎖国と開国

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 346p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006001605
  • NDC分類 210.5
  • Cコード C0121

内容説明

銀の飛躍的な生産量の拡大が、十五~六世紀の激動する地球的世界に、近世日本を押し出した―。この事実を導入として、小農民・職人の自立的活動、幕藩体制の成立と対外政策を、世界の動きとの関わりでとらえ、鎖国の始まりから幕末開港にいたる道程を説き明かす。史料を縦横に交え、柔らかい口調で語る全七講の江戸時代論。

目次

第1講 「鎖国」―地球的世界の形成と近世日本の対応
第2講 近世の武家政権と伝統的権威
第3講 支配組織と再生産構造
第4講 幕藩体制下の政治史
第5講 思想と文化の特質と展開
第6講 幕藩制社会の変質
第7講 開国―近代日本への道程

著者等紹介

山口啓二[ヤマグチケイジ]
1920年、東京生まれ。44年、東京大学国史学科卒業。東京大学史料編纂所教授をへて、79‐83年、名古屋大学文学部教授。日本近世史料への深い造詣を背景とした問題提起で学界の新たな研究動向を引き出すとともに、後進の研究者育成にも努める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。