岩波現代文庫<br> 「挫折」の昭和史〈上〉

個数:

岩波現代文庫
「挫折」の昭和史〈上〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2021年05月13日 15時08分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 299p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006001407
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0121

内容説明

大正・昭和初頭の都市モダニズムは満州で開花し、戦時下の文化・スポーツ活動に結実した。その担い手は林達夫、小泉信三、岡部平太、竹中英太郎ら、「挫折」を経験した人々であり、石原完爾を中心とする知的水脈と共鳴した。近代の隊列から横へ足を踏み出した人物たちの中に日本人の生き方のもう一つの可能性を探り出すという、知のオデッセイの試み。

目次

1 「挫折」の昭和史―エノケンから甘粕正彦まで(白井鉄造と甘粕正彦のフランス;白井・エノケン・ロッパ ほか)
2 戦争と“知識人”―名取洋之助から富塚清へ(名取洋之助の活動;日本工房の人々 ほか)
3 スポーツの帝国(一)―小泉信三とテニス(小泉信三とテニス;岩波書店と小泉 ほか)
4 スポーツの帝国(二)―岡部平太の“満州”(岡部平太のアメリカ体験;岡部平太の「満州」 ほか)
5 絵師と将軍(絵師竹中英太郎;浅原健三の水脈 ほか)

著者等紹介

山口昌男[ヤマグチマサオ]
1931年北海道生まれ。55年東京大学文学部国史学科卒業後、東京都立大学大学院で文化人類学を専攻。東京外国語大学、静岡県立大学、札幌大学の教授を歴任。「中心と周縁」「スケープゴート」「道化」などの概念を駆使して独自の文化理論を展開している
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件