岩波現代文庫<br> 治療文化論―精神医学的再構築の試み

岩波現代文庫
治療文化論―精神医学的再構築の試み

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 255p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784006000523
  • NDC分類 493.7
  • Cコード C0147

内容説明

何を病気とし、誰を治療者とし、何をもって治療とするのか。普遍症候群/文化依存症候群の構図に個人症候群の概念を導入し、精神病理と文化を多角的に考察する。治療の仕方、患者‐治療者関係をはじめ無数のことがないまぜになっている「治療文化」から精神医療を根源的に問い直し、人間理解への新たな視点を開く画期的論考。

目次

文化精神医学をめぐる考察―文化精神医学と文化精神医学者
「文化依存症候群」の問題
ヨーロッパの「文化依存症候群」―一つの逆説
「文化依存症候群」についての再考察
「個人症候群」という概念に向かって
「個人症候群」概念導入の試み
三症候群の文化精神医学に向かって
治療文化論
治療文化の諸形態
精神科治療文化の複数性
患者と治療者
週末と新しい地平

著者紹介

中井久夫[ナカイヒサオ]
1934年奈良県生まれ。1959年京都大学医学部医学科卒業。神戸大学名誉教授。甲南大学文学部人間科学科教授

出版社内容情報

何を病気とし,誰を治療者とし,何をもって治療なのか.普遍症候群・文化依存症候群・個人症候群の軸を立て,精神病理と文化をさまざまな角度から考察する.治療文化の問題から精神医療を根源的に問い直す画期的論考.