岩波ジュニア新書<br> パスタでたどるイタリア史

個数:
電子版価格 ¥1,078
  • 電書あり

岩波ジュニア新書
パスタでたどるイタリア史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月19日 21時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 228p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784005006991
  • NDC分類 K596
  • Cコード C0222

出版社内容情報

長い歴史と豊かな地域色をもつイタリアで、人々の心を結ぶ国民食パスタ。古代ローマのパスタの原型、アラブ人が伝えた乾燥パスタ、大航海時代がもたらしたトマト。パスタの母体となった中世農民の雑穀スープに、イタリア統一を陰で支えた料理書、そしてパスタをつくるマンマたち…。国民食の成立過程からイタリアをみつめます。

内容説明

「パスタを食べることでイタリア人はイタリア人であることを自覚する」―。地域色の強いイタリアで、人々の心を結ぶ力をもつパスタ。この国民食は、いつ、どのように成立したのでしょう。古代ローマのパスタの原型から、アラブ人が伝えた乾燥パスタ、大航海時代の舶来種トマト、国家統一に一役買った料理書まで。パスタをたどると、イタリアの歴史が見えてきます。

目次

はじめに―日本のパスタ事情
第1章 麺が水と出会うまで
第2章 文明交流とパスタのソース
第3章 貧者の夢とエリートの洗練
第4章 地方の名物パスタと国家形成
第5章 母と子の思い
第6章 パスタの敵対者たち
おわりに 歴史の中のパスタ

著者等紹介

池上俊一[イケガミシュンイチ]
1956年愛知県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科教授。専門は西洋中世・ルネサンス史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

436
イタリア料理とはいうものの、イタリアの統一は19世紀も半ばを過ぎてのこと。それまでは、各都市や地方ごとに言葉さえも違っていたのだから。本書は長いイタリアの歴史をパスタを軸に語ろうとする面白い試みなのだが、最も目を開かれたのはアルトゥージによる料理本が、料理のイタリア全土への普遍化を果たしたばかりではなく、イタリア語の、ひいてはイタリアそのめのの統一に果たした役割である。著者はイタリア中世史の専門家だが、こうした斬新な視点からイタリアを見ることで、新たな観点を提示して見せてくれた。2019/01/09

アキ

88
パスタとイタリア史の奥深い関係。古代ローマでは小麦はパンの材料になるとともにラザーニャのように食べるようになった。中世には雑穀や野菜・豆類のミネストラが農民の日常になり、「水との結合」パスタが登場したのは11~12世紀。乾燥パスタがシチリアで、生パスタが北イタリアで作られ、大航海時代にトマト・香辛料などが導入され、1861年のイタリア統一でイタリア料理が国家統一の文化的要素になり、イタリア語の普及にも貢献した。最も興味深い考察は、母乳としてのパスタでした。マンマの味はイタリア人の母親愛につながるのですね。2021/08/05

佐島楓

56
食文化がその土地から生まれ(あるいは持ち込まれ)、普及していくには必然性がなければならないのだな、と思う。食の本も歴史も好きなので、これからもこのような本は読んでいきたい。2016/07/20

sk4

52
長い歴史によって真の【イタリア料理】というものは、穀物と野菜と乳を中心とした【農民料理(〜文中表現)】であるという事がよくわかった。 そういえば『レミーのおいしいレストラン』というディズニー映画で、権威的で意地悪な料理評論家のハートの氷を溶かしたのは心を込めて作ったラタトゥイユ(野菜の煮込み)だった。 野菜と穀物バンザイ! パスタ大好き! ところで文中の、日本に中国から麺が「伝わった」で、朝鮮人が日本の寺で蕎麦の「作り方を教えたらしい」というゴリ押し表現がウケたw2014/06/22

ホークス

37
人間は、環境変化に自らの感覚を巧みに適合させる動物だ。長い歴史の中で食の嗜好を変化させながら、パスタという国民食を生み出したイタリアは、世界でも稀有な存在である。古代ローマに生まれたパスタの原型は、ゲルマン侵入による農地荒廃で一旦姿を消す。中世に北部で生パスタとして復活し、南部にはアラブ人が乾燥パスタを持ち込む。小国分立でパスタが多様化・ご当地化した後、トマトと唐辛子がさらに大変化をもたらす。近代、国家統一のために改めて「イタリア人」を作ろうとした時から、パスタはイタリア人の紐帯になって行く。2017/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4341030

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。