岩波新書<br> 暴君―シェイクスピアの政治学

個数:
電子版価格 ¥946
  • 電書あり

岩波新書
暴君―シェイクスピアの政治学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年03月03日 19時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 270p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004318460
  • NDC分類 932
  • Cコード C0231

出版社内容情報

政治は行き詰まり、人々は裏切られることに慣れ、経済的困窮はポピュリストの怒りをあおり……。なぜ国家は繰り返し暴君の手に落ちるのか。暴君と圧政誕生の社会的、心理的原因を探り、絶対的権力への欲望とそれがもたらす悲惨な結末を見事に描いたシェイクスピアが現代に警鐘を鳴らす。

目次

第1章 斜にかまえて
第2章 党利党略
第3章 いんちきポピュリズム
第4章 性格の問題
第5章 支援者たち
第6章 勝ち誇る暴君
第7章 唆す者
第8章 位高き者の狂気
第9章 没落と復活
第10章 抑えることのできる頭角
結部

著者等紹介

グリーンブラット,スティーブン[グリーンブラット,スティーブン] [Greenblatt,Stephen]
1943年、マサチューセッツ州ボストンに生まれる。イェール大学、ケンブリッジ大学卒業。カリフォルニア大学バークレー校教授を経て、ハーヴァード大学教授。シェイクスピア研究の世界的大家。『一四一七年、その一冊がすべてを変えた』(The Swerve)でピュリッツァー賞、全米図書賞を受賞

河合祥一郎[カワイショウイチロウ]
東京大学教授。ケンブリッジ大学と東京大学より博士号取得。著書に『ハムレットは太っていた!』(白水社、サントリー学芸賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

356
巻末の紹介によれば、著者のスティーヴン・グリーンブラットは「ハーバード大学教授。シェイクスピアの世界的大家」、訳者の河合祥一郎氏は現在の日本のシェイクスピア研究の第一人者。著者が本書を書くことになったのはトランプの大統領選当選を受けて「私に何ができる?」と自問した結果である。あくまでも「斜にかまえて」シェイクスピアの政治学を語りつつ、「暴君」の姿の形象のさまざまを描き出し、対策を模索しようとしたのである。そもそもシェイクスピア自身も過去の歴史上の人物たちに仮託しながら自らの劇を創っていた。いわばそれは⇒2022/12/06

ケイ

127
グリーンブラットは、Hilary MantelがWolf Hallを出してほどなく興味深い批評をしていた。シェイクスピア批評の大家だから黙っていられなかったのはわかる。作者の例える暴君は彼か…と勘ぐっての読書にもなったのは少し残念。シェイクスピアの歴史劇を論じた前半が特に興味深し。リチャード三世のサイコパスぶりには、歴史的人物を超えた稀代の悪役としての魅力があると気付かされた。民衆を扇動したケイドの言う、字を読めるだけで悪者、だから弁護士は敵だとの理論。文字は階層を分けるものの一つだったのだ。2022/10/25

KAZOO

121
コミックの「7人にシェイクスピア」を読んでいてかなりエリザベス女王などのことを書かれているので訳される前からこの本が気になっていました。よく岩波新書で出してくれたと思います。シェイクスピアが劇に仕上げた作品の中にはこの題名のような人物が多くいます。当時の政治状況などを見るとかなり権力者でないと納めることも難しかったのかもしれません。どこかの国の大統領に似た人物もいます。楽しめる本でした。2020/11/10

パトラッシュ

58
軽蔑する民衆を操って叛乱を起こさせたヨーク公、権力を握るため甥や支援者をも殺したリチャード3世ら400年前にシェイクスピアが描いた暴君たちを通じて、なぜ現代のアメリカ人がトランプを指導者に選んだのかを考える。リチャードを「法を憎み強烈な支配欲を持ち勝つことだけを話したがるナルシシスト」と分析するのは、ほとんどリベラル派から見たトランプ像だ。暴君の支配に落ちた人びとが祖国を嘆く場面に、トランプのアメリカへの怒りが伝わる。彼を支持する民衆への絶望から、彼らは愚かでデマゴーグに翻弄されやすいとまで書くのだから。2020/11/26

ケイトKATE

44
シェイクスピアの戯曲に登場する暴君から、なぜ政治の世界で、指導者として不適切な人間が権力を握るのかを分析した好著。著者スティーヴン・グリーンブラットは、国家が混乱する状態になると、暴君は大衆の憎悪を利用して権力を奪う。ポピュリストは大衆を巧みに利用しているだけで軽蔑していると分析している。シェイクスピアが創作した暴君や太鼓持ち連中が、現在の政治家でも当てはまる人物がいることに気付かされる。著者の分析も見事だが、シェイクスピアの人間観察は驚異的であり、活躍した400年後の今でも廃れない魅力を感じた。2020/12/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/16499480
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。