岩波新書<br> レバノンから来た能楽師の妻

個数:
電子版価格 ¥858
  • 電書あり

岩波新書
レバノンから来た能楽師の妻

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 222p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004318187
  • NDC分類 936
  • Cコード C0295

内容説明

祖国の内戦を逃れ来日した女子高校生が若き能楽師と出会う。結婚しコンピュータ・サイエンス研究の道を捨て、伝統芸能の世界に入る彼女を待ち受けていた試練とは。能の魅力を妻兼マネージャーとして国内外に発信し再び世界を駆け巡り、子育てや母を呼び寄せての介護に奔走する。自分の道を切り拓いたある女性の記録。

目次

プロローグ―この世界の片隅で
第1章 レバノンとの別れ
第2章 能との出会い
第3章 梅若家の子育て
第4章 能と世界をつなぐ
エピローグ―レバノンと日本で母と共に暮らす

著者等紹介

梅若マドレーヌ[ウメワカマドレーヌ]
レバノン、ベイルート生まれ。英国レディング大学でコンピュータ・サイエンスを学び、優等の成績で理学士の学位を取得。大阪大学大学院情報工学科入学中退、その後、東京大学大学院情報科学研究科(研究生)で研究を続ける。日本や世界各地で新作も含んだ能の舞台公演のプロデュースにかかわり、能の普及につとめる。レバノン国内の活発な芸術文化活動を取り上げたドキュメンタリー映画『明日になれば』ではプロデューサーを務め、同作品は2015年にレバノン文化省より文化推進功労賞を贈られた

竹内要江[タケウチトシエ]
翻訳家。南山大学外国語学部英米学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科(比較文学比較文化)修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

内戦を逃れ来日した女子高校生が伝統芸能の世界に入り,子育てや介護の傍ら能の伝道師になる人生の賛歌.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件