岩波新書<br> 日本経済30年史―バブルからアベノミクスまで

個数:
電子版価格 ¥990
  • 電書あり

岩波新書
日本経済30年史―バブルからアベノミクスまで

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 新書判/ページ数 316p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004317999
  • NDC分類 332.107
  • Cコード C0233

出版社内容情報

豊富なデータで,90年以降の景気動向を検証.時の政権による「改革」は日本経済をどう変質させたのか.

内容説明

「失われた30年」とも呼ばれ、90年以降、低迷を続ける日本経済。この間、企業業績や私たちの暮らしはどう変化してきたか。アベノミクスで豊かさを実感できないのはなぜか。豊富なデータで、30年間の景気動向を分析。歴代の政権による誤った「改革」が景気の腰を折り、日本経済をどのように変質させたかを浮き彫りにする。

目次

1 一九九〇年代以降の日本経済を概観する(三〇年間で日本経済や暮らしはどう変わったか)
2 三〇年間の変化を追っていく(バブルの発生から、膨張、破裂まで(一九八五~九〇年)
バブル破裂後の七年間(一九九〇~九七年)
橋本「構造改革」政策の実施とその破綻(一九九七~二〇〇〇年)
小泉内閣の誕生と本格的「構造改革」政策の実施(二〇〇一~〇九年)
「構造改革」とは何であったか(第四章~第五章への補論)
民主党政権の誕生とその自壊(二〇〇九~一二年)
アベノミクス、超金融緩和と三度目の「構造改革」(二〇一三~一九年))
3 日本財政をどう捉えるか(日本は世界一の金余り国―ギリシアにはならない(第三章~第八章への補論))

著者等紹介

山家悠紀夫[ヤンベユキオ]
1940年、愛媛県生まれ。神戸大学経済学部卒業。1964年、第一銀行に入行。1991年、第一勧業銀行調査部長、1994年、第一勧銀総合研究所専務理事、2001年、神戸大学大学院経済学研究科教授などを歴任。現在、「暮らしと経済研究室」主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。