岩波新書<br> 平成の終焉―退位と天皇・皇后

個数:

岩波新書
平成の終焉―退位と天皇・皇后

  • 提携先に23冊在庫がございます。(2019年05月24日 03時51分現在)
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 258p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004317630
  • NDC分類 288.4
  • Cコード C0231

内容説明

二人の「平成流」とは何だったのか。岩波新書で読む「平成」。

目次

序論 天皇明仁の退位
第1章 「おことば」を読み解く―現在編(「おことば」の背景;「おことば」の分析;「おことば」の問題点)
第2章 「平成」の胚胎―過去編1(行啓の概要;人々から遠ざかる―行幸啓との共通点;人々に近づく―行幸啓との相違点;戦争に向き合う―広島・長崎・沖縄)
第3章 「平成」の完成―過去編2(昭和からの継続;右派からの反撃;行幸啓の実態;退位表明と東日本大震災;行幸啓の政治的意味)
第4章 ポスト平成の行方―未来編

著者等紹介

原武史[ハラタケシ]
1962年、東京に生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業後、日本経済新聞社に入社。東京社会部記者として昭和天皇の最晩年を取材。東京大学大学院博士課程中退。東京大学社会科学研究所助手、山梨学院大学助教授、明治学院大学教授を経て、放送大学教授。専攻は日本政治思想史。著書に『昭和天皇』(岩波新書、司馬遼太郎賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

平成とは天皇制の新たなスタイルが確立された時代だった。天皇明仁と皇后美智子が生み出した「平成流」は退位後も受け継がれるのか。皇太子(妃)時代からの足跡をたどり、「象徴」と国民との奇妙な政治的関係性を問う。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件