岩波新書<br> 本へのとびら―岩波少年文庫を語る

個数:

岩波新書
本へのとびら―岩波少年文庫を語る

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年09月28日 12時22分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 167p/高さ 17cm
  • 商品コード 9784004313328
  • NDC分類 909

内容説明

「生まれてきてよかったんだ、と子どもにエールを送るのが児童文学」。アニメーション界のトップランナーとして世界的に注目される著者が、長年親しんできた岩波少年文庫の中からお薦めの五〇冊を紹介。あわせて、自らの読書体験、児童文学の挿絵の魅力、そして震災後の世界についてなど、本への、子どもへの熱い思いを語る。

目次

1 岩波少年文庫の五〇冊(星の王子さま;バラとゆびわ;チポリーノの冒険;ムギと王さま;三銃士 ほか)
2 大切な本が、一冊あればいい(自分の一冊にめぐり逢う―少年文庫を語る;三月一一日のあとに―子どもたちの隣から)

著者紹介

宮崎駿[ミヤザキハヤオ]
1941年東京生まれ。アニメーション映画監督。学習院大学卒業後、1963年東映動画(現・東映アニメーション)入社。その後いくつかの制作会社を経て、1985年スタジオジブリ設立に参加。現在スタジオジブリ所長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「生まれてきてよかったんだ、と子どもにエールを送るのが児童文学」。自らの読書体験、挿絵の素晴らしさ、アニメと本との関わり、そして震災後の世界について──。アニメーション映画界のトップランナーとしてつねに発言を注目される著者が、お薦め岩波少年文庫五〇冊の紹介とともに、本への、子どもへの熱い思いを語る一冊。