岩波新書<br> 日本語と時間―「時の文法」をたどる

個数:

岩波新書
日本語と時間―「時の文法」をたどる

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年07月27日 20時32分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 223,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004312840
  • NDC分類 815.5

内容説明

古代人は過去を表わすのに、「き」「けり」など六種もの「助動辞」を使い分けた。ひたすら暗記の学校授業を思い出し、文法を毛嫌いするなかれ。それら時の助動辞は、何と意味・音を互いに関連させ、一つの世界を作っていたのだ。では、なぜ現代は「~た」一辺倒になったのか。哲学・言語学など大きな広がりをもつ刺激的な一冊。

目次

序章 時、もの、こと
1章 時のありか―krsm四面体
2章 遡る時の始まり―「けり」の性格
3章 過去を表示する―「き」の性格
4章 時間の切実さ―「ぬ」と「つ」
5章 古代を乗り越える力―「たり」の本性
6章 時と技巧―通時論的に
7章 言文一致への過程―「た」の成立
結章として

著者紹介

藤井貞和[フジイサダカズ]
1942年東京生まれ。現在、立正大学文学部教授、詩人。専攻は日本古典文学、言語態分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

古代人は時間を表すのに、「き」「けり」など6種もの助動辞を使い分けた。しかもそれら助動辞は、意味・音を互いに関連させながら、一つの世界を作っていたのだ。哲学・比較言語学など大きな広がりをもった刺激的な1冊。


 新発見! 〈時の助動辞〉の豊かな世界

 英語は動詞を活用させて時制を表しますが、日本語は、動詞にくっつける「助動辞」(学校文法では「助動詞」)なるものによって、過去や時間の経過を表します。本書の主人公は、この「助動辞」です。

 現在の日本語で「過去」と言うと、もっぱら「~た」という表現を用いますが、古代人は、「き」「けり」「ぬ」「つ」「たり」「り」など、いくつもの助動辞を使い分けて生活していたそうです。「何と豊かで面倒な、かれらの言語生活であることか」、とは著者の弁。

 「文法はちょっと苦手で……」とおっしゃる方もいるかもしれません。しかし、この〈時の助動詞〉たちは、何と音や意味を関連させながら、一つの世界を形づくっていたというのですから、驚きです。著者は、それを表すモデルとして、「krsm四面体」なるものを提示します。


 これはいったい何なのか? 暗記するしかなかった文法とは全く異なり、古代日本語に行き渡る時間を整序し、哲学や言語学にもかかわる問題として捉え返す、極めて刺激的な提案であることは間違いありません。

 本書では、たくさんの具体例を詩歌や物語作品に採りながら、〈時の文法〉に迫ります。日本語の隣接語としての琉球語、動詞の活用によって時称をあらわす欧米諸言語、逆に活用のないアイヌ語や漢文、さらに係り結びや掛け詞などの技巧にも視野は広がります。

 また、古代の〈時の助動辞〉は、いかに現代の日本語に引き継がれているのか、あるいはいないのか。現代多用される「た」の成立の秘密、現代詩における時の表現の工夫など、新たな知見が満載の1冊です。


■目次