岩波新書
イラク 戦争と占領

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 241,/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004308713
  • NDC分類 302.281
  • Cコード C0231

内容説明

短期間でイラク戦争を終結させたアメリカ。だが、その占領統治は相次ぐ武力抵抗によって混乱の極みに陥っている。亡命イラク人を重用しようとしたアメリカの目算はなぜ狂ったのか。イスラーム政治運動の拡大は、ポスト・フセイン体制をどのようなものにしていくのか。一三年ぶりの現地訪問を果した著者が、イラク「解放」の現実を描く。

目次

第1章 帰還(混乱と破壊の果てに;何もしないアメリカ人 ほか)
第2章 フセイン、最後の戦い(アメリカ、戦争の太鼓を叩き始める;空中分解する国連 ほか)
第3章 「アメリカの占領」の失敗(ポスト・フセイン体制の準備;戦後統治政策の混迷 ほか)
第4章 宗教勢力の台頭(地域共同体に根付いた宗教勢力;若きムクタダの台頭 ほか)
終章 イラクはどこへ(戦闘の再開;歴史が語る教訓)

著者等紹介

酒井啓子[サカイケイコ]
1959年生まれ。東京大学教養学部教養学科卒。英ダーラム大学(中東イスラーム研究センター)修士。現在、アジア経済研究所参事。専攻はイラク政治研究
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

イラク戦争を短期間で終結させたあと,なぜアメリカの占領統治は混乱を極めているのか.イスラーム政治運動の拡大で,ポスト・フセイン体制はどうなるのか.13年ぶりの現地訪問を果たした著者が,激動の戦後イラクを描く.