岩波新書
生体肝移植―京大チームの挑戦

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 224p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004308041
  • NDC分類 494.657
  • Cコード C0295

内容説明

脳死移植の法整備問題もあり、日本で独自の発展をみた生体肝移植。移植手術のリスク、健康な生体にメスを入れるリスクを超えて、患者・家族は生きることに賭ける。目前の命を救うために、医療チームは宿命的な困難に挑み、技術を進展させてきた。最先端医療の局面で展開される患者・家族と医師・スタッフの緊迫した熱いドラマ。

目次

第1章 手術場
第2章 十二年目の春
第3章 外科医
第4章 小児病棟の日
第5章 細き道を
第6章 新領域へ
第7章 私のことなんだ…

著者等紹介

後藤正治[ゴトウマサハル]
1946年京都市に生まれる。1972年京都大学農学部卒業。ノンフィクション作家。『遠いリング』(岩波現代文庫)で講談社ノンフィクション賞、『リターンマッチ』(文春文庫)で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

生体肝移植は残酷な治療手段である.移植手術自体の高いリスク,臓器提供者のリスク,患者・家族の切迫した決断.明暗は常に分かれる.臓器移植を20年追いつづけた著者が描く,宿命的な困難と闘う人々のドラマ.