岩波新書<br> 心の病と社会復帰

  • ポイントキャンペーン

岩波新書
心の病と社会復帰

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 210p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004302766
  • NDC分類 369.28
  • Cコード C0236

内容説明

現在日本の精神病入院患者は約三五万人。そのうち、社会的支援さえあれば退院できる人は一〇万人もいる。病状は回復したものの、まだ十分に社会に適応できない人々が街で暮らすには、どのような施設、体制が必要なのか。地域精神医療に長年たずさわってきた精神科医が、心病める人に立ちはだかる困難と、それを切り拓いていく試みを語る。

目次

第1章 心の病は誰にでもおこる
第2章 さまざまな心の病
第3章 心の病はどこまで治るか
第4章 精神病院における活動
第5章 社会復帰の専門施設
第6章 心の病と犯罪事件
第7章 一八年ぶりの精神病院で
第8章 地域社会で生きる

著者等紹介

蜂矢英彦[ハチヤヒデヒコ]
1925年東京に生まれる。1949年千葉医科大学卒業。東京都立松沢病院、東京都職員共済組合青山病院、東京都立世田谷リハビリテーションセンター、中部総合精神保健センターを経て、現在、東京武蔵野病院医師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

現在日本の精神病入院患者は約三五万人.そのうち,社会的支援さえあれば退院できる人は一○万人もいる.病状は回復したものの,まだ十分に社会に適応できない人々が街で暮らすには,どのような施設,体制が必要なのか.地域精神医療に長年たずさわってきた精神科医が,心病める人に立ちはだかる困難と,それを切り拓いていく試みを語る.