岩波新書
ルソン戦―死の谷

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 177p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004203780
  • NDC分類 916
  • Cコード C0236

出版社内容情報

昭和一九年暮れ,フィリッピン.日本軍はレイテ決戦で壊滅的打撃を受け,ルソン持久作戦に移る.第一回学徒出陣の学徒兵としてこの作戦に投入された著者は,飢えと疲労の行軍のなかで病いを得て倒れ,「死の谷」とよばれた谷間の病院で終戦を迎える.極限状況におかれた人間の姿を,四十余年を経たいま,痛恨の思いで振り返る.

内容説明

昭和19年暮れ、フィリッピン。日本軍はレイテ決戦で壊滅的打撃を受け、ルソン持久作戦に移る。第1回学徒出陣の学徒兵としてこの作戦に投入された著者は、飢えと疲労の行軍のなかで病いを得て倒れ、「死の谷」とよばれた谷間の病院で終戦を迎える。極限状況におかれた人間の姿を、四十余年を経たいま、痛恨の思いで振り返る。

目次

1 虚構の決戦
2 戦場の五号道路
3 続・戦場の五号道路
4 極限の谷間
5 生還の航跡

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobody

15
後に法政大学学長となる阿利にすら真実剔出させないもの――そこに全てがある。例えば戦闘等で阿利は敵を殺さなかったのか。従軍体験を語るなら真実の全面剔出以外に意義を認めぬのは戦後平和ボケ世代の妄言だろうか。真実を剔出するには「覚悟」を決めねばならぬし「暴露」と受け取られる、その気風こそこの国の骨絡みの宿痾ではないか。墓場までもっていかれるよりはマシと納得すべきだろうか。ルソンで知った戦争の姿をもし生きて帰れた者があったら必ず故国の人に語り伝えるという死別した戦友との約束は未だ果たされていないとあとがきは結ぶ。2019/08/20

Ted

11
'87年刊。敗色濃い昭和19年、比戦線に投入された一学徒兵がマニラから北部陣地へ撤退するまでの敗走記。負けが込んできて駆り出されるのが学徒出陣なので当然だが、緒戦の勝ち戦の体験もなく、初めから負け戦の只中に放り込まれ、辛うじて生還した学徒兵の手記には、読む度に心が痛む。中でも南方戦線は過酷だ。本土侵攻を1日でも遅らせる為、多くの将兵を捨て石にして特攻や持久戦をいくら展開しようが、ブルドーザーで道路を瞬く間に整備していく米軍の圧倒的な機械力や合理性、そして物量を前にしては無意味も同然。時間稼ぎにもならない。2011/10/17

モリータ

9
◆宮古島への行きの飛行機で読了。2019/07/04

ユーさん

8
実体験に基づく戦争記録。「飢え」「マラリア」「ケガ」「高熱」自身の身体が極限状態にも拘わらず、助けは、ほんの僅か。次々に起こる人の死は、既に日常茶飯事で、目を背けようにも直視するしか前に進めない。文面からは、生きて戻れて本当に良かったという思いが伝わります。2017/06/14

晴天

5
学徒動員によりフィリピンに送られた著者の回顧録。戦闘はほぼすべて航空機からの機銃掃射と爆撃としてのみ描かれ、顔の見えない敵よりも飢餓と病が猛威を振るい、「病人」という概念がなくなり(つまり将兵の大半が病人となり)、自決や薬剤投与による「処置」が繰り返され、そんな中でも階級や同郷同窓の縁が生死を分かつ軍隊社会を描き出す。「これ以上語ることができない」とコトバを濁す箇所もあり、戦後40年以上に渡り著者が戦争体験に苦しめられてきたことをも窺える。2017/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/131469

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。