岩波新書<br> 昭和時代

岩波新書
昭和時代

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 214p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784004131311
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0200

出版社内容情報

大正末期に青春時代を送り,昭和に入って社会人となった著者は,日本の疾風怒濤時代ともいうべき昭和を,知識人として体験し,観察し,考えてきた.その眼に映った社会的雰囲気は何を語っていたか.そこから著者がつかみとったものは何か.苦難に満ちた動乱の時代をリアルに描き出して,一読,読者の共感を呼ぶ生きた昭和史.

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

nobody

8
「いつかは書かなければなるまい」との宣告は看板倒れに、期待は失望に終わった。立花隆のいう、そもそも戦前戦中世代に純粋で客観的な時代状況の伝承を望むのは無理かもという要素にかてて加えて岩波文化人独特の独り善がりな高踏趣味。自分で「多くの註解を必要とするであろう」といいながら一切註解なしに投げ出すだけの日記。国民感情というものは計画的・人為的に作られたものではなかったかと問題提起しながら、その検証を深めるどころか「軍も政府も、巨大な日本の官僚組織全体が、血走った『国民感情』に追いまわされるようになっていた」と2021/11/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5134716

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。