岩波文庫
ポリアーキー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 407p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003402917
  • NDC分類 311.7
  • Cコード C0131

内容説明

ダール(1915‐2014)は、理念としての「民主主義」と区別して、実際に存在する比較的民主化された体制を「ポリアーキー」と呼んだ。「参加」と「自由化」を指標とし、ポリアーキーの成立や変容を左右する政治的条件を分析する。現実を測り異なる政治体制に比較の道を開いた、民主主義理論史上画期をなす著作。

目次

民主化と公然たる反対
ポリアーキーには意味があるか
歴史的展開
社会経済秩序―集中か分散か
社会経済秩序―発達段階
平等と不平等
下位文化・分裂形態および統治効率
政治活動家の信念
外国支配
理論―要約と留保条件
補遺―変化の戦略のための示唆

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

18
1972年初出。民主主義の重要な特性は、市民の要求に対し、政府が公平に、責任をもって答えることだ(8頁)。ポリアーキーは、民主化・自由化された体制で、高度に包括的、公的異議申立てに広く開かれた体制(16頁)。重要な価値の配分の極端な不平等=政治資源の極端な不平等(131頁)。体制側は、疎外と離反で危険にさらされるので、国民によって憤激される極端な不平等状態は、体制側に脅威となる(143頁)。ポリアーキーは二方向の、相互のコミュニケーションを必要とする(228頁)。2014/12/16

ラウリスタ~

11
「民主主義」と言うと、「絶対正義!アテネ万歳!うせろ赤!」という具合にどうも手あかが付き過ぎて、正確にその実体を捉えることが難しい。ダールはx軸に包括性、y軸に異議申し立ての可能性を置き、原点を「閉鎖的抑圧体制」、上に行くと「競争的寡頭体制」、右へは「包括的抑圧体制」、そして右上の「ポリアーキー」へと広がる区分を提案する。このポリアーキーとはダールによる造語でまあ民主主義のことなんだけれども。各国が如何なるルートを辿って右上へと向かっているのかっていう比較もあり面白い。2014/11/21

那由田 忠

9
 現在最も優秀な政治学者である宇野重規解説では、「20世紀政治思想の古典」と見なされるが、まだ有効性がかなりある。72年時点でポリアーキーが30年間にあまり増えないだろうとの予想が、冷戦終結のためかかなりはずれたと思う。しかし、「アラブの春」以降の推移を見ても、ダールの分析が広く知られていれば、民主化の成功がかなり難しいと考えられただろう。その意味で、この著作は今こそ重要とさえ言えそうだ。77年に訳者の高畠がダールと行った対談が付録でつく。訳者あとがきとあわせ、高畠がダールを理解していないのには笑った。2014/12/30

ドウ

7
言わずと知れた比較政治学の古典。参加の包括性と公的異議申し立ての2つの軸を用いて東西の政治体制をマッピングし、その両者が成立した体制を「ポリアーキー」と呼称し、様々な角度から分析を加えている。序盤に提示される主題の魅力もさることながら、だらだらと長文を重ねるのではなく、公理や定理を箇条書きにシンプルに並べてくれているのが、本書の圧倒的な読みやすさに繋がっている。第7章の議論が特に面白かった。2019/05/29

Ex libris 毒餃子

6
政治学の古典。民主主義ではなく、ポリアーキーというワードを措定して、人民が支配する政治体制について論じていく。2020/10/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8326706

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。