岩波文庫<br> フランス革命についての省察〈下〉

岩波文庫
フランス革命についての省察〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 276p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003402528
  • NDC分類 235.06

内容説明

彼らがこの権威の奪取のために行った無数の暴力と愚昧な行動を免責するためには、彼らの成果が、それなしには到底達成されなかったことが立証されねばならない。全く疑いもなく、それなしに達成されたはずである―ジョージ三世の専制に反対し、アメリカの独立を支持したバークが、過激化するフランス革命を弾劾する。

目次

フランスの貴族階級
フランスの聖職者の悪徳は没収の原因ではなかった
旧体制下の聖職者の悪徳は没収の口実とはなりえない
近代のフランス聖職者の評判
新しい教会体制の無政府状態
それと比較されたイギリスのプロテスタント教会政策
無神論者の狂信
没収の政策と保存の政策との対照
彼らの精神
政治手腕ないし叡知の欠如〔ほか〕

出版社内容情報

彼らの達成した業績は,あの無数の暴力と愚昧な行動なしには達成されなかったか? 全く疑いもなく,それなしに達成されたはずである-アメリカの独立を支持したバークが,過激化するフランス革命を弾劾する.(全2冊)