岩波文庫
バッハの生涯と芸術

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 226,/高さ 16cm
  • 商品コード 9784003350713
  • NDC分類 762.34
  • Cコード C0173

内容説明

音楽家フォルケル(1749‐1818)の手に成る本書(1802)は、バッハの生涯を略述した上で、作品、作曲の方法、演奏の仕方、弟子の養成等について語り、ドイツの国民的財産としてのバッハを顕彰した最初の本格的評伝。諸処に挿入された訳注によって、19‐20世紀のバッハ研究の変遷を辿ることができ、恰好の入門書ともなっている。

目次

バッハ一族
バッハの生涯
クラヴィーア奏者としてのバッハ
オルガン奏者としてのバッハ
作曲家としてのバッハ
教師としてのバッハ
バッハの性格
バッハの作品
推敲するバッハ
バッハの精神

出版社内容情報

音楽家フォルケル(一七四九―一八一八)の手に成る(一八〇二).バッハの生涯を簡単に触れた上で,作品,作曲の方法,演奏の仕方,弟子の養成等について語り,ドイツの国民的財産としてのバッハを顕彰した最初の本格的評伝.諸処に挿入された訳注によって,一九―二○世紀のバッハ研究の変遷を辿ることができ,恰好の入門書ともなっている.