岩波文庫<br> 新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝―中国正史日本伝〈1〉 (新訂)

個数:

岩波文庫
新訂 魏志倭人伝・後漢書倭伝・宋書倭国伝・隋書倭国伝―中国正史日本伝〈1〉 (新訂)

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月16日 21時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 167p
  • 商品コード 9784003340110
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C0121

出版社内容情報

古代日本の最大の謎である邪馬台国については,おびただしい研究が発表され,論争は過熱の度を加えている.しかし,その論争の多くは,魏志倭人伝中の邪馬台国に関するわずかな記述の解釈をめぐってのものに他ならない.魏志倭人伝をはじめ,古代日本に関する中国史料を一書に集めた史料集.原文(影印)・現代語訳を新たに付す.

内容説明

古代日本の最大の謎である邪馬台国については、数多くの研究が発表され、その論争は過熱の度を加えている。しかし、その論争の多くは、魏志倭人伝中の邪馬台国に関するわずかな記述の解釈をめぐってのものに他ならない。この魏志倭人伝を始め、古代日本に関する中国史料を一堂に集めた史料集。現代語訳・原文(影印)を新たに付した。

目次

解説(中国正史倭・日本伝について;『魏志』倭人伝について;『後漢書』倭伝について ほか)
訳注(『三国志』・『魏志』巻三〇東夷伝・倭人(『魏志』倭人伝)
『後漢書』巻一一五東夷伝・倭(『後漢書』倭伝)
『宋書』巻九七夷蛮伝・倭国(『宋書』倭国伝) ほか)
現代語訳(『魏志』倭人伝;『後漢書』倭伝;『宋書』倭国伝 ほか)
附録

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mitei

323
簡単にサクッと読めるけど、日本史の重要な資料だな。日本人は昔から日本人だったんだなと驚く。2017/02/05

N島

18
太古の日本を記した最古の文字記録『魏史倭人伝 』。本書では他に後漢書倭伝、宋書倭国伝、随書倭国伝が収録され、解釈を極力交えず、古の日本の姿を客観的に読み説けるよう配慮が為された一冊となっています。邪馬台国の謎の解明…みたいなものを望む方には物足りない一冊ですが、真摯な態度で日本の歴史を0から学びたいと欲する方には必読の一冊といえるでしょう。2018/09/17

金吾

14
中国の正史から倭に関し記した部分を抜粋した一冊です。それぞれあっさりと書いていますが、中国王朝からみた当時の日本の習俗等がわかります。現代語訳と原文もありその点でも楽しめました。2020/02/04

さきん

11
日本列島の住民の習性は昔からあまり変わってなかったことが良くわかる。2015/07/08

perLod(ピリオド)

7
アマゾンでは、この本が古いと書いている人がいるが、むしろ新しい本には致命的な間違いが多い。「邪馬台国」とあるのがそれで、「邪馬壹(新字体では”壱”)国」が正しい。これは原文で確認できるし、当然音も違う。歴史論においてこれらの確認がなされずに音韻学が繰り広げられ、誤った前提から当然の帰結として誤った答えが導かれている。「邪馬台」は「ヤマト」と読めるが、「邪馬壹」はそう読めない。また、隋書の「姓は阿毎、名は多利思此弧、字は阿輩鶏彌」がどうして聖徳太子なのか。倭王とあるのに、デタラメもいい加減にして欲しい。

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/535282

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。