岩波文庫<br> 大乗仏教概論

個数:
電子版価格 ¥1,386
  • 電書あり

岩波文庫
大乗仏教概論

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2021年09月27日 07時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 513p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003332344
  • NDC分類 181.02
  • Cコード C0115

内容説明

大拙の事実上のデビュー作Outlines of Mahayana Buddhism、1907、の邦訳。明治新仏教の到達点の一つであり、二十世紀のZen Buddhismの起点ともなった書。過去の仏教の解説でなく、現代に生きる新たな宗教としての「大乗仏教」を思想と実践の両面から提起する。智慧と慈悲の統一を説く理知的にして情熱的なその筆致は、今もなお生命を失わない。

目次

序論
思索的大乗仏教(実践と思索;知識の分類;真如(bhutatathata)
如来蔵とアーラヤ識
無我説
業)
実践的仏教(法身;三身説(仏教の三位一体説)
菩薩
菩薩道の十段階―我々の精神生活の階梯
涅槃)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

OjohmbonX

13
400ページにわたる大乗仏教に関する西欧の誤解の批判とコア認識の解説を読み終えたと思ったら、訳者後記で「この本は誤謬だらけで、事実誤認と都合の良い取捨選択で成立しており大乗仏教の解説ではない」と全否定されていて、でも「これが真の仏教」みたいな顔で自説を展開するのが経典だから「大拙大乗経」だと思えば偉大、って擁護が入ってほっとしてたら、続く解説で「実はこの本は別の人の本のパクリです」って指摘が紹介されて自説の展開ですらない、えっ、じゃあ俺が読んでたのはいったい何だったんだ、と途方に暮れる、すごい体験だった。2016/10/23

モリータ

6
37歳の鈴木大拙が英語で海外出版したものの和訳。岩波だし簡潔・客観的な入門書にいいだろう、と思って手にとった。が、訳者(佐々木閑氏)あとがきを読むと、学説上の誤り(根本経典の年代が下ることなど)や主観的教理解釈が多分に含まれており、現代の入門書としては読めない(一種危険な本である)ことがわかる。当時の西洋の仏教理解に対して著者が打ち出した「大拙教」として味わうとか、オーソドックスな大乗仏教との対比や後期密教やヒンドゥー教の影響を考えるとか、ちょっと高度な楽しみ方ができればと思いますが、私にはまだムリです。2018/03/22

エヌ氏の部屋でノックの音が・・・

6
2017年 2月15日  2刷。1回目2017/10/01

amanon

6
概ね興味深く読めたが、本編、原注と読み進めていくうちに「あれ!」と思わされ、更に訳者後書きを目にして「なんじゃこりゃ!」と突っ込みたくなった。詳細は本書を繙いてもらうとして、要は実際に大乗仏教の概要を知るには適していないが、著者の仏教思想としては読むに値するということ。ただ、この認識もどこまで妥当か自信はないが…とりあえず、仏教については、様々な系統と要素が複雑に絡み合って、一筋縄ではいかない何かと厄介なものだということは理解できたか。後、訳文に著者独特の息遣いが感じられないのが、個人的に残念だった。2016/11/11

roughfractus02

5
1907年英文で書かれた最初期の著作である本書は、ベルギーの仏教学者プサンに、日本仏教からの大乗解釈であり、内容もヴェーダーンタ的なヒンドゥー哲学寄りであると指摘され、その後著者がヒンドゥー的思想面から日本仏教的実践面に重心移動する書物を書く契機となったとされる。一方本書は、歴史上の小乗との対立を取り外し、多様な解釈を引き起こす仏陀の教えを含めた経典作者達の「神秘的感情」の伝達過程として大乗仏教を捉え直す点にある。その伝達過程に参入する著者は、大乗に衆生に潜在する「菩薩心」覚醒の実践というテーマを見出す。2021/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11041919

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。