岩波文庫
人間と実存

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 406p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003314654
  • NDC分類 121.6
  • Cコード C0110

内容説明

九鬼周造(1888‐1941)は、時間論、偶然性の問題、「いき」をめぐる考察、日本詩の押韻の問題など、多岐にわたる思索を展開し、独創的な哲学を樹立した。本書は、九鬼の思索を凝縮した、九鬼哲学への最良の概論、入門書である。人間の本質、実存、偶然性、形而上学的時間、ハイデッガーの哲学、日本文化の特質などを論じる。

目次

1 人間学とは何か
2 実存哲学
3 人生観
4 哲学私見
5 偶然の諸相
6 驚きの情と偶然性
7 形而上学的時間
8 ハイデッガーの哲学
9 日本的性格

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

50
人間学とは、人間の本質を明かにすることを課題とする学(9頁)。人間学が、科学的方法の適用される範囲内に於て、人間の本質を明かにしようとする場合には、 科学(傍点)としての人間学となる(11頁)。史的人間の人間学は歴史の創造者としての人間を考察する(35頁)。存在の定義は与えられ得られぬとしても何等か存在そのものを明かにする道はないであろうか(65頁)。アリストテレスは本質をなんであるべくあったかのもの。本質を問うためには「あった」と「ある」を併用、「何であるべくあったか」と問わねばならぬと答えた。2017/03/14

テツ

17
九鬼周造の論文集。ハイデガーに師事しサルトルと交流して熟成された彼の哲学は京都大学の思想が紹介で説明されるように二元性という特徴をもつ。今となっては古臭くカビが生えてしまったかのように思われがちな実存主義だけれど、こうして自己と他者という二元性について思考を重ねて行く果てに見えてくる何かって現代においてこそ大切なんじゃないかなあなどと無責任に考えながら読みました。2020/01/12

有沢翔治@文芸同人誌配布中

15
ハイデガーの直弟子で、<現実にいる人間の存在>(実存)や人生観、日本文化について論じられている。ハイデガーはものが「ある」とはどういうことなのかを考え、実存に迫っていったが、九鬼周造は「ない」とはどういうことか考えている。この辺り、仏教哲学の影響を受けているように思う。http://blog.livedoor.jp/shoji_arisawa/archives/51480738.html2016/11/25

CCC

7
ハイデガー解説は難しくて頭に入らなかったけれど、哲学論、人生観、日本人論と収録作が幅広くお得感があった。偶然についての考察部分は、こう真っ向から真面目に正攻法で分析しようというのは、あまり見かけないような気がする。面白い。2016/09/12

KN

3
本書の「ハイデッガーの哲学」は日本へのハイデガー紹介における最初期の仕事であるが(その訳語の多くが今でも使用されている)、空間を時間性に還元するハイデガーへの批判が興味深い。ハイデガーは空間性を時間性の非本来的な様態である現在から導き出すが、九鬼は逆に世界内存在の共同的性格が空間性をもつことに着目し、この空間性が時間性の現在への様態化を可能にしているのではないかという。共に在ることを頽落としてのみ捉えるハイデガーを批判し、九鬼は空間性に時間性と並ぶ意義を認め、将来の可能性だけでなく現在の偶然性を重視する。2017/06/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11123426

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。