岩波文庫<br> 海上の道 (第32刷改版)

個数:
電子版価格
¥990
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
海上の道 (第32刷改版)

  • 柳田国男
  • 価格 ¥1,100(本体¥1,000)
  • 岩波書店(2008/04発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/20~8/25)
  • ポイント 20pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月20日 22時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 375p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003313862
  • NDC分類 380.4
  • Cコード C0139

出版社内容情報

遠い昔,日本民族の祖先たちはいかなる経路をたどってこの列島に移り住んだか.彼らは稲作技術を携えて遥か南方から「海上の道」を北上し,沖縄の島づたいに渡来したのだ…….ヤシの実の漂着・宝貝の分布・ネズミの移住など一見小さな事実を手掛りに,最晩年の柳田が生涯の蓄積を傾けて構想した雄大な仮説. (解説 大江健三郎)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

拓也 ◆mOrYeBoQbw

30
民俗学研究。「名も知らぬ遠き島より流れ着いた椰子の実一つ」の藤村の詩でも知られる、柳田國男先生の海洋民俗学の代表作。稲作、製鉄、太陽信仰などが黒潮に乗って南方から日本に渡来した仮説が民俗学的見地から述べられてますが、当時は稲作も鉄器も中国から朝鮮半島経由で来たのが当然と思われてたので、内容は受け入れられませんでした。しかし今では科学分析で稲作の南方由来や、製鉄が縄文末(弥生初期には確実)から存在した事などこの本の予測の方が正しかった事が証明されてます。古典的先入観を多様性が打ち破った一つの例ですね~2016/09/09

きいち

22
柳田國男、どんなけ若々しいねん!という一冊。古稀を過ぎて、残された時間がないといいながら、それを言い訳にして仮説出しと問題提起の嵐。椰子の実のエピソードをはじめ若い日のネタも後輩の近著も縦横に使って、もうやりたい放題、年を取ったらどんどん自由になっていいんだと加齢が楽しみになるくらい。◇若々しさの印象をさらに強めているのが、文章のこのリズムのよさ。謡の引用のところなんて、地の文が全く負けてない。声に出して読みたくなる元気さだ。解説の大江の指摘のように、「私」を拡大するのにふさわしいと感じた。2013/05/13

壱萬弐仟縁

19
まえがきで、「多くの学会が力を合わせ、心を一つにして日本を研究せられること」(14頁)。これは、専門家集団だけに貴重な学術をとどめることなく、社会に還元し、市民研究者を育成することをも想定していけるとよい。新しい学術、民俗学のエポックメイカーの並々ならぬ覚悟を感じる。「海神宮考」の9「海彦山彦」(71頁~)。この表現は、川が上流から下流までつなぐという、当たり前だが極めて大切な、現代の農林業の多面的機能が海にとっても重要なことを教えていると思う。農政学から民俗学を構築した柳田先生は農政学の枠から飛び出た。2014/01/21

CCC

12
民俗学の教授が動画で人生を左右した本として挙げていたので読んだ。動画では高校で読んだときは二割くらいしか理解できなくて三十年かけてわかるようになったという話をしていた。昔の伝承などを取り上げて考察していて、個人的には言ってることは少なくとも意味不明ではなかったが、根拠となる情報の確かさはまるでわからない。もともと知ってる話も少ないから、知識と繋がる感覚があったのは徐福伝説やおもろさうしの話ぐらい。そんなわけで消化が難しく、ただ飲み込む形になった。これが本当に理解できるようになるには三十年掛かるのだろう。2024/04/01

gogo

11
晩年のエッセイ・論考集。標題エッセイで、伊良湖岬の海岸で若い頃に見かけたココヤシの実から、南方文化論を思いついたと書いているように、所々で著者の自由奔放な思索が見られる。読みやすさはバラバラ。「海上の道」や、鼠が海を渡って島を埋め尽くす説話の比較論(「鼠の浄土」)、各地の竜宮城伝説についての論考(「海神宮考」)は読み易く、内容も面白い。だが、琉球文化論や新嘗祭についての論考はかなりマニアックで難解だった。2016/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/396181
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。