岩波文庫<br> 肝っ玉おっ母とその子どもたち

個数:

岩波文庫
肝っ玉おっ母とその子どもたち

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2018年05月26日 23時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 229,/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003243930
  • NDC分類 942
  • Cコード C0198

内容説明

“叙事的演劇”を唱え、“異化効果”など数々の実験的な手法を取り入れ、演劇の革新を精力的に実践したドイツの劇作家・詩人ブレヒト。ブレヒトの数ある戯曲の中でも『三文オペラ』と並んで最もポピュラーなこの作品は、三十年戦争を背景に、「肝っ玉おっ母」と呼ばれる一庶民の目線から戦争を捉えた反戦劇である。

著者等紹介

ブレヒト,オイゲン・ベルトルト[ブレヒト,オイゲンベルトルト][Brecht,Bertolt]
1898年2月10日アウクスブルクに生まれる。1917年ミュンヒェン大学に進学。1918年処女作と言ってもいい戯曲『バール』(Baal)を脱稿する。1927年初期の詩の集大成『家庭用説教詩集』を出版。1928年『三文オペラ』を執筆。1933年ヒトラー一党独裁に身の危険を感じて亡命。1956年死去
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「叙事的演劇」を唱え,「異化効果」など数々の実験的な手法を取り入れ,演劇の革新を精力的に推進したドイツの劇作家・詩人ブレヒト(1898―1956).『三文オペラ』と並ぶブレヒトの最もポピュラーで人気のある戯曲.