岩波文庫<br> マリー・アントワネット〈下〉

  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
マリー・アントワネット〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 382p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003243725
  • NDC分類 943

内容説明

革命の展開は急速である。王家はチュイルリー宮へ押し込められ、スパイがマリーの身辺にまでうろつく。こうなってみて初めてさとるのだった。自分が王妃として、マリア・テレサの娘として「後世という持続的な不屈なまなざし」の前に立たされたのだと。また圧倒的な力に押しつぶされぬためには、どうしても偉大でなければならぬのだと。

目次

フェルセンは何者であったか
ヴェルサイユ最後の夜
王政の霊柩車
自省
ミラボー
脱走の準備
ヴァレンヌへの逃走
ヴァレンヌの夜
心ならぬ還幸
だまし合い
盟友最後の登場〔ほか〕

出版社内容情報

どこといって非凡なところなどない人間に,歴史は大きな役割をふりあてることがある.虚名のみ高く,毀誉褒貶半ばするマリー・アントワネット.作者(一八八一―一九四二)は,その生涯をときに王家の寝所の秘事に,またときに国民議会の緊迫した局面にと巧みな筆運びで追い,一平凡人に凝集する壮大な歴史のドラマを展開する.