岩波文庫<br> 響きと怒り〈上〉

個数:

岩波文庫
響きと怒り〈上〉

  • ウェブストアに9冊在庫がございます。(2021年09月29日 11時23分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 391p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003232347
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

斬新な語りの手法と構成で、新しい文学表現に挑んだフォークナー(一八九七‐一九六二)の最初の代表作。語り手たちの内的世界のかなたに、アメリカ南部を舞台とした兄弟たちの愛と喪失の物語が浮かびあがる。フォークナー自身この作品をもっとも深く愛した。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ケイ

142
予備知識がなくて慣れるまで時間がかかった。誰が誰なのか、名前と相性の違い、会話と心のつぶやき、男と女、家族と使用人、何が何だか…。全く知らない誰かの頭の中に突然入り込んでしまい、その人が今いる現場を彼の眼を通して見て体験し、同時に頭の中の考えや回想をも共体験するとでも言おうか。ようやく慣れたあたりで、過去に戻る。過去とは章のタイトルからそう判断するのだが、過去とも言えない。しかも読者が入り込む頭が変わっている。戸惑いながらも先へ先へとページをめくる。みんな傷を抱え、癒せない心を誰かにぶつけているみたい。2016/08/20

のっち♬

105
米国南部の特権階級であるコンプソン家の没落と崩壊の物語。第一章は白痴の三男による語りで、時点が複雑に錯綜した場面転換に加えて脈絡のなさが特徴的。第二章は自殺を前にした長男によるもの。妹への純潔意識による数々の言動や挫折が何とも悲痛で、重度の抑鬱状態に陥った終盤の文法を無視した取り止めのない語りは切羽詰まってて重苦しい。イタリア人少女とのエピソードは彼の人柄がよく出ていて印象深い。父親と論争を繰り広げる場面も著者ならではの迫力。どちらも従来の小説構造からかけ離れた実験性の高い叙述手法が体感できる充実した章。2018/01/07

zirou1984

41
『アブサロム、アブサロム!』以来久々のフォークナーだが、やはり彼は凄い。標準の字体とゴシック体を使い分け、ゴシック体の箇所は基本的に内面の描写に当てられているのだが、本作ではそれを意図的に脱臼させる事によって時に内面の世界が現前化し、逆に現実が内面の世界の様に非現実化されている狂人の世界観を再現してしまっているのだ。一部では白痴のベンジー、二部では強烈なトラウマ体験を持つクウェンティンの視点によって記憶と現実が混濁した物語が紡がれていき、コンプソン家を襲った悲劇が徐々に輪郭を帯びていく。この勢いで下巻へ。2013/07/04

NAO

39
輝かしかった過去だけを見つめ絶望しながらも、アメリカ南部という土地の呪いに縛り付けられたコンプソン家。時系列がバラバラだったエピソードをつなぎ合わせて、ようやく見えてくる一つの出来事。その出来事が家族に落としていく影が、知的障害を持つベンジーの視点から、長男クェンティンの視点から、描かれていく。ベンジーやキャシーにはこの土地に生きる者の泥臭さと強さがあるが、クェンティンの線の細さはあまりにも痛々しい。2015/09/06

syota

33
フォークナー初読み。まだ上巻を読み終えただけだが、どっと疲れた^^; 巻末の場面転換表がなければ歯がたたなかったと思う。“意識の流れ”についてはウルフで経験していたけれど、場面転換の頻度と複雑さが段違い。第1章ではベンジーの目で見た世界の姿に新鮮な驚きを感じ、第2章ではクエンティンの病的なまでの繊細さが痛々しい。クエンティンと移民の少女のシーンでは、『ナイン・ストーリーズ』(サリンジャー)のシーモアを思い出してはっとした。さあ、今日はしっかり寝て、明日から下巻に取りかかろう(*^^*)2017/04/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/434926

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。