岩波文庫<br> まっくら―女坑夫からの聞き書き

個数:

岩波文庫
まっくら―女坑夫からの聞き書き

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 330p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003122617
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

出版社内容情報

「女も男と同じごと仕事しよったですばい」「どんなことにでも堂々とむかってやる、こい」。筑豊の炭鉱で働いた女性たちの声を聞き取り、その生き様を記録した一九六一年のデビュー作。意志と誇りを失わず、真っ暗な地の底で過酷な採炭労働に従事した彼女たちの逞しさが、生き生きと描かれている。(解説=水溜真由美)

内容説明

「女も男も同じごと仕事しよったですばい」「どんなことにでも堂々とむかってやる、こい」。筑豊の炭鉱で働いた女性たちの声を聞き取り、その生き様を記録した一九六一年のデビュー作。自らへの誇りを失わず、真っ暗な地の底で過酷な採炭労働に従事した彼女たちの逞しさを生き生きと描く。

目次

無音の洞
流浪する母系
棄郷
灯をもつ亡霊
のしかかる娘たち
セナの神さま
ヤマばばあ
赤不浄
共有
地表へ追われる
坑底の乳
付録 聞き書きの記憶の中を流れるもの

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

McLean

8
昭和初期の頃までは普通であった女子の坑内労働の経験者からの聞き書きの記録である。男女のペアで男が掘って女が運ぶというのが一般的な作業方法であった。落盤やガス爆発等の危険に晒され、基本的に男と変わらぬ労働を12~16時間やった上に、家では育児や家事もある女性たちは地獄のような過酷な状況に置かれていた。しかしここに描かれているのは、男以上に働いていたが故に決して男たちには負けなかった女性の強さである。工場法施行で女子坑内労働が禁止され、女性が家庭内に押し込められていったのが果たして進歩だったのかと問うている。2021/10/20

刳森伸一

7
炭坑で坑夫として働いてきた女性たちの声を聞き取り集めた記録文学。場所によって状況は多少異なるものの、炭坑という過酷な環境下で男性と共に働くだけでも大変ことであるが、それに加えて差別や搾取などが加わるといいう地獄のような様相。そのような環境の中で逞しく生きる女性たちの言葉に圧倒される。傑作。2021/10/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18694371

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。