岩波文庫<br> 日本近代短篇小説選 明治篇〈2〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波文庫
日本近代短篇小説選 明治篇〈2〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年07月27日 10時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 451p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003119129
  • NDC分類 913.68

内容説明

「裏に一本の柘榴の木があって、不安な紅い花を点した」(小川未明「薔薇と巫女」)。何を視、どう伝えるのか―日露戦後の新機運のなか、豊饒な相克が結ぶ物語。明治三八‐四四年に発表された、漱石・荷風・谷崎らの一六篇を収録。

出版社内容情報

「幻の国に住む,夢の中の女だと思っていて下さい」(谷崎潤一郎「秘密」).なにを視つめるのか,どう伝えるべきか――新時代の模索をへて,豊饒な相克が結んだ物語たち.明治38年から44年に発表された,漱石・荷風・花袋らの16篇を収録.(注・解説=宗像和重)(全6冊完結)