岩波文庫
随筆 女ひと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 258p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003106648
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0195

内容説明

「夏になると女の人の声にひびきがはいり、張りを帯びてうつくしくなる」。声、二の腕、あくび、死顔、そして蛇。老作家が抱き続ける「女ひと」への尽きぬ思いを、哀しみとおかしみを交えて軽やかに綴る。晩年の犀星ブームを導いた豊潤なエッセイ集。

目次

えもいわれざる人
為すなきことども
手と足について
童貞
二の腕の美しさ
映画の中
季節の声
詩のあわれ
君は一たい何を言っているのだ
廃墟の学問
情婦を拾う
君が墓べに
明治の暮雪
さらばえる
くちなわの記

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

アキ・ラメーテ@家捨亭半為飯

36
女が好き、女の脚が好き、どんな女の中にも美を求めてやまない室生犀星の女ひとについての随筆集。/虫も殺さぬやさしい性質の人が恐るべき偉大な脚をかくしていることに、たくさんの例があった。/前をとおる女達のスカートと脚とが、きものの縞が生きてうごくような文様に見えて来て愉しいものであった。/ 明治の男性たちにとって、それまで着物で隠れていた女性の脚が見えたことは衝撃的な出来事だったのでしょうね。(着物の上からでも想像して楽しんでいたようですが……。)2015/10/13

せんむ

17
文字通り、老若男女に読んで欲しい。男性ならあるある、では無いでしょうか?女を通して自分(著者)を見たり、俳優を取り巻く姿の女の様子を描いたり…女の哀まで愛してくれている感じ。2014/03/31

shinano

15
人は老成していくと自分に必要なもの自分にとってありがたいもの、自分という人間の主観的・客観的容姿や性癖などが本当に判ってくるようだ。だがそれを言葉で表わし味のある文章や詩で語れるかどうかは心眼の程度も含めて能力なのかもしれないと思わせてくれたのが、この「女ひと」であった。自虐風に己の顔を徹底的にくさしておいて、でも男にとって絶対に女は必要なのだ、どんな女でも必ず美しいものがあり、そして女はあわれをも持っている、などなどを犀星は心から言っている。独断的な部分もあるが嫌味にならず可笑みが隠れてもいたのだ。2011/04/24

12
★★★★☆(装幀は小林古径の「つゆぐさ」。晩年の犀星復活の契機となった作品で犀星独特の女性観を中心に綴った随筆集。犀星の根っこというのか、女性に対する思いを、こう改めて賛美・告白されると男の読者は少々浮き足立ってしまうのではなかろうか。それをこうも堂々と主張するのにある意味変な凄みすら感じてしまう<笑>。しかし第一印象はともかく、犀星は本人が悩む以上に好い(味のある)顔をしていると思うけれど・・これもここでは女性からの目や言葉でなければ犀星にとって意味はないのかもしれない。「廃墟の学問」が面白い。) 2013/04/30

みずいろ

6
「男性から見た女性」を飾ることなく描いた随筆。「童貞」の「私は童貞をうしなった最初の女の人を、いい年をしていながらよく笑いかけるような気持で、とんでもないときに話しかけるのである。」という冒頭はまさにそれ。何があっても女性を憎みきれない男性の心情が豊かに描かれていて、興味深かった。2013/01/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/408639

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。