岩波文庫<br> 〓東綺譚 (改版)

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり

岩波文庫
〓東綺譚 (改版)

  • ウェブストアに22冊在庫がございます。(2022年05月20日 11時43分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 196p/高さ 15X11cm
  • 商品コード 9784003104156
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

取材のために訪れた向島は玉の井の私娼窟で小説家大江匡はお雪という女に出会い,やがて足繁く通うようになる.物語はこうして〓東陋巷を舞台につゆ明けから秋の彼岸までの季節の移り変りとともに美しくも,哀しく展開してゆく.昭和十二年,荷風(一八七九‐一九五九)五十八歳の作.木村荘八の挿絵が興趣をそえる. (解説 竹盛天雄)

内容説明

取材のために訪れた向島は玉の井の私娼窟で小説家大江匡はお雪という女に出会い、やがて足繁く通うようになる。物語はこうして〓東陋巷を舞台につゆ明けから秋の彼岸までの季節の移り変りとともに美しくも哀しく展開してゆく。昭和12年、荷風(1879‐1959)58歳の作。木村荘八の挿絵が興趣をそえる。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

254
荷風は初めてだが、概ね想像通りの文体、内容だった。私小説風の語りだが、作家はしきりにそう思われることを避けようとしている風だ。小説内小説『失踪』を設定しているのもそのためだろう。小説は、「わたくし」の一人称で語られるが、その語り手は、あくまでも大江匡だ。ただ、作中の彼は58歳の小説家であり、これを書いていた時の荷風にそのまま重なるのである。小説は、戦前の墨東はこんなだっただろうかと想像され、そこに流れる時間はきわめてゆったりとしている。作家にとってのアジールであり、失われたものへの郷愁だったのだろう。2014/05/05

康功

81
私娼の女性との淡い恋心。墨田川を挟んで、開発された銀座、浅草の今と、昔の風情が残る墨東、玉の井地区の対比から、荷風の理想の女性をお雪に写し出す。半自伝的小説であり、沢山の実在する場所があることから、荷風の暮らしぶりが伺える美しい作品だった。映画化もされたらしいが、やはり原作がいい。2016/11/21

ベイス

63
断腸亭日乗に、偶然出会った街娼と関係をもつことを、「女の身上を探聞し小説の種にして稿料を貪らんとするわが心底こそ売春の行為よりもかえって浅ましき限りと言ふ」と記している。この小説のハイライトであるお雪との別れの背後にも、荷風の後ろめたさが垣間見える。文壇からも家族からも国家からも自由だった荷風。生涯にわたり、浅草などを遊び歩いたが、そこには、小説の材料を集めるといういくらかの「打算」があったのかもしれない。そしてそのことを気にしていたあたり、ますますこのおっさん(失礼)が愛おしくなる。2020/09/06

なつ

55
再読。年老いた作家と東向島で働く私娼の切ない交流。季節の移ろいや当時の風俗が洗練された文章で描かれ、昭和初期という情景がありありと目に浮かびます。粋さを感じさせながらも淡々とした文章も味わいがあります。そして木村荘八さんによる挿絵も物語の情景をより鮮明に見せてくれます。白黒濃淡の筆致で描かれる日常は美しくももの悲しい。2020/12/06

カブトムシIF

51
岩波書店版(昭和12年<1937年>)老作者<わたくし>(大江匡<ただす>)は「失踪」という小説の腹案をもって、浅草から玉の井あたりを散策している。ある日、夕立に出会い、たまたま髪結いから出て来た玉の井の女お雪を傘に入れてやるという奇縁が生じる。作中に別の小説の筋を入れた方法上の新しさをもち、一方で随筆の味わいも感じさせる。彼の身分を知らぬお雪が真剣な愛情を感じているのに気づくと、彼はそのまま遠ざかるという筋を時代の風俗と四季の推移の描写をまじえて、随筆ふうに展開する。昭和初期の荷風復活を決定づけた名作。2020/09/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/530585

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。