岩波文庫<br> 浮雲

個数:

岩波文庫
浮雲

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2019年07月17日 05時30分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 354p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784003100714
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

真面目で優秀だが内気な文三と、教育ある美しいお勢は周囲も認める仲。しかし文三の免職によって事態は急変、お勢の心も世知に長けた昇へと傾いてゆく。明治文明社会に生きる人々の心理と生態を言文一致体によって細緻に描写し、近代文学に計りしれない影響を与えた二葉亭四迷(1864‐1909)の記念碑的作品。

出版社内容情報

秀才だが世才に乏しい文三の失職を機に,従妹お勢の心は軽薄才子の昇に傾いてゆく.自意識過剰の中で片恋に苦しむ文三の姿を中心に各種の人間典型を描きながら,官僚腐敗への批判をひらめかせている.最初の近代リアリズム小説であり,その清新な言文一致の文体は明治文学の出発点となった.明治二十―二十二年作. (解説 中村光夫)

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件