岩波ブックレット<br> 文化財返還問題を考える―負の遺産を清算するために

個数:
  • ポイントキャンペーン

岩波ブックレット
文化財返還問題を考える―負の遺産を清算するために

  • ウェブストアに18冊在庫がございます。(2019年12月13日 18時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 59p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002710112
  • NDC分類 709.21
  • Cコード C0336

内容説明

あるものは不法に、あるものは合法的ではあるが不当に…近代以降の日本には、占領地や植民地から様々な文物が持ち込まれた。文化財返還問題をめぐる世界的な動向を紹介しながら、未だ私たちの身近に残る朝鮮半島や中国由来の文化財について考える。

目次

1 戦後処理としてはじまった日本の文化財返還
2 国際法と先住民族
3 負の遺産から正の遺産へ

著者等紹介

五十嵐彰[イガラシアキラ]
1961年東京都生まれ。慶應義塾大学大学院修士課程修了。第2考古学(考古学方法論など)。公益財団法人東京都スポーツ文化事業団東京都埋蔵文化財センター主任調査研究員、慶應義塾大学非常勤講師、韓国・朝鮮文化財返還問題連絡会議世話人(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

世界的な動向を紹介しながら,美術館・博物館が所蔵する朝鮮や中国由来の「返すべきもの」について考える.

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件