岩波ブックレット
学問の自由と大学の危機

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 86p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002709383
  • NDC分類 316.1
  • Cコード C0336

内容説明

これまでにない事態が起きている―。2015年6月16日、国立大学長会議であいさつに立った下村博文文部科学大臣(当時)は、国立大学の学長たちに向かって、「入学式・卒業式における国旗・国歌の取り扱いについて、適切にご判断いただけるようお願いする」と述べた。なぜ公的な場で文部科学大臣が「要請」をすることが問題なのか。大学・学問・知と政治の関係はどうあるべきか。「学問の自由を考える会」のシンポジウムにおける憲法学者、歴史学者、政治学者による報告と、討議を踏まえた教育学者の論考を収載。

目次

第1章 天皇機関説事件八〇周年―学問の自由と大学の自治の関係について
第2章 大学と国家―ヨーロッパ大学史に見る悩ましい関係
第3章 民主主義と学問の自由
第4章 学問の自由の危機―自由な社会のために

著者等紹介

広田照幸[ヒロタテルユキ]
1959年生まれ。日本大学文理学部教授。専攻は教育社会学

石川健治[イシカワケンジ]
1962年生まれ。東京大学法学部教授。専攻は憲法学

橋本伸也[ハシモトノブヤ]
1959年生まれ。関西学院大学文学部教授。専攻は西洋史学

山口二郎[ヤマグチジロウ]
1958年生まれ。法政大学法学部教授。専攻は政治学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。