岩波ブックレット<br> 福島から問う教育と命

個数:

岩波ブックレット
福島から問う教育と命

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年08月01日 10時29分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 71p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002708799
  • NDC分類 372.126
  • Cコード C0336

内容説明

東京電力福島第一原発の事故は、福島県の学校や子どもたちに深刻な影響を及ぼした。学校の臨時移転・休業、生徒たちの避難や転校、放射能への不安と向き合う日常…。こうした状況を子どもたちはどう受け止めているのか。そして、いま教育は何をすべきか。『朝日新聞』「声」などへの投稿で話題を呼んだ福島の高校教諭と、丹念に現地調査を続ける教育学者が根本から問いかける。

目次

はじめに 3・11後の二つの学校風景
第1章 いま教育は命を育んでいるか―福島の学校現場から
第2章 3・11が教育にもらたしたもの―福島の学校と子どもたち
おわりに 人間が人間らしく生きるための教育へ

著者等紹介

中村晋[ナカムラススム]
1967年生まれ。東北大学文学部文学科中国文学専攻卒業。宮城県の高校教諭を経て、現在福島市内の県立高校に勤務。1995年より俳句を作り始め、今に至る。俳誌『海程』(金子兜太主宰)同人。2005年福島県文学賞俳句部門正賞受賞。2009年海程新人賞受賞。2013年海程会賞受賞

大森直樹[オオモリナオキ]
1965年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得退学。現在、東京学芸大学教育実践研究支援センター准教授。専攻は、教育学、教育史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。