岩波ブックレット<br> ルポ 労働格差とポピュリズム―大阪で起きていること

個数:

岩波ブックレット
ルポ 労働格差とポピュリズム―大阪で起きていること

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年07月30日 19時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 63p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002708584
  • NDC分類 318.3
  • Cコード C0336

出版社内容情報

半年先に仕事や住まいがあるかどうか分からない.フルタイムで毎日働いても暮らせない.将来の不安を思うと結婚にも二の足を踏んでしまう.政権交代をしても変わらない,そんな閉塞的な状況とともに広がってきた,強いリーダーシップへの期待.複雑なはずの問題も一刀両断してみせる「英雄」に,何が託されているのか.

内容説明

半年先に仕事や住まいがあるかどうか分からない。フルタイムで毎日働いても暮らせない。将来の不安を思うと結婚にも二の足を踏んでしまう。政権交代をしても変わらない、そんな閉塞的な状況とともに広がってきた、強いリーダーシップへの期待。複雑なはずの問題も一刀両断にしてみせる「英雄」に、何が託されているのか。

目次

第1章 文書捏造事件
第2章 公務員に向けられる憎しみのまなざし
第3章 無法地帯と化す委託現場
第4章 民間でも求められる“英雄”
第5章 橋下支持層の正体
第6章 労働運動の転換への模索

著者等紹介

藤田和恵[フジタカズエ]
1970年東京生まれ、フリーライター、早稲田大学法学部卒業、1994年北海道新聞入社。派遣労働を取り上げた連載「派遣さんと呼ばないで」、高齢者施設での虐待問題を取り上げた連載「なぜ私を殴るのですか」、監視カメラの増設や共謀罪を取り上げた連載「あなた見られてます 監視と安全のはざまで」、雇用の規制緩和や労働条件の劣悪化を取り上げた連載「労働「破壊」」などを企画・担当してきた(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。