岩波ブックレット
キャッシュ・フォー・ワーク―震災復興の新しいしくみ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 87p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784002708171
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0336

出版社内容情報

被災者に仕事と収入を確保し,生きがいを見いだせる生活を守るためには何が必要なのか? 被災地のために本当に必要な復興政策とは何か? 国際的に注目を集めるキャッシュ・フォー・ワーク(CFW)の考え方としくみを,東日本大震災直後からCFWを提案してきた著者が,被災地での取り組みもまじえ紹介する.

内容説明

被災者に仕事と収入を確保し、生きがいと将来への希望を取り戻すためには何が必要なのか?被災地のために本当に必要な復興政策とは何か?国際的に注目を集めるキャッシュ・フォー・ワーク(CFW)の考え方としくみを、東日本大震災直後からCFWを提案してきた著者が、被災地での取り組みもまじえ紹介する。

目次

第1章 キャッシュ・フォー・ワークとは何か
第2章 日本における災害対応とキャッシュ・フォー・ワーク
第3章 東日本大震災とキャッシュ・フォー・ワーク
第4章 今後の課題を考える
「しごとをつくる、あしたをつくる。」―むすびにかえて

著者等紹介

永松伸吾[ナガマツシンゴ]
1972年生まれ。関西大学社会安全学部・大学院社会安全研究科准教授。「CFW‐Japan」代表。専門は防災・減災・危機管理政策、災害経済学。大阪大学大学院国際公共政策研究科博士後期課程退学。博士(国際公共政策)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。