“はたらく神”の神学

個数:

“はたらく神”の神学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月23日 13時05分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 237,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000244701
  • NDC分類 191
  • Cコード C0014

内容説明

人は、神のはたらきの内に生かされている。新約聖書から、この第一義的な事実を表現する章句を集め、神と人とが接触する“場”の作用を捉えるための、言語の条件を探る。言語学、文学理論、社会学など、異分野との交流を敢行し、仏教とキリスト教との真率な対話を繰り返し企てつつ、神のはたらきの場、人と人とが共に生きる場所の構造と運動を記述する。競争と支配に拠らない、差別と排除を生まない、本来の共同世界の原理―旧来の神学を破壊した経験的思考が、“この現実”を根底から批判しうる体系的宗教思想に到達した。

目次

1 “はたらく神”は何に基づいて語られるか(キリスト教と新約聖書)
2 “はたらく神”の現実性はいかにして確かめられるか(直接経験とその諸相;外から見る世界と内から見る世界―観察と感覚を例として)
3 “はたらく神”に基づいて、人間と世界はいかに理解されるか(自己と自我;統合ということ)
むすび はたらく「神」と神学

著者紹介

八木誠一[ヤギセイイチ]
1932年生まれ。専攻、新約聖書神学、宗教哲学。東京大学とゲッチンゲン大学に学ぶ。文学博士(九州大学)、名誉神学博士(ベルン大学)。現在、東京工業大学名誉教授。日本基督教学会理事長、東西宗教交流学会会長などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

人は,神のはたらきの内に生かされている.この第一義的な事実は,どのように表現されるのか.新約聖書から,神と人とが接触する〈場〉の作用を描く章句を拾い,そこに新しい言語と関係のモデルを探って,競争と支配に拠らない,本来の共同世界の原理を提示する.旧来の神学を破壊した経験的思考が,この現実を根底から批判しうる体系的宗教思想に到達した.