フロイト全集〈17〉1919‐1922年―不気味なもの、快原理の彼岸、集団心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 429p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000926775
  • NDC分類 146.1
  • Cコード C3311

出版社内容情報

「死の欲動」の概念を導入した『快原理の彼岸』ほか、第一次大戦直後の考えを反映し、後期思想への画期となる二十二篇を収録。

内容説明

世界大戦という未曾有の「悪夢」は、リビード理論の体系を構築しつつあったフロイトをして「死の欲動」の概念を導入せしめ、思想の飛躍的発展を迫る。虚無が混沌を生み落としてゆくヨーロッパの中心で、生と死が闘争する戦場としての心が描かれ始める―。

目次

不気味なもの
快原理の彼岸
集団心理学と自我分析
論稿(一九一九‐二二年)(意識の機能に関するE.T.A.ホフマンの見解;戦争神経症者の電気治療についての所見;夢学説への補遺;女性同性愛の一事例の心的成因について;分析技法の前史にむけて;アントン・フォン・フロイント博士追悼;ある四歳児の連想;J.J.パットナム著『精神分析論集』への序言;クラパレード宛書簡抜粋;精神分析とテレパシー ほか)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

PukaPuka

3
ラカンの対象関係を読みたいので、快原理の彼岸を読むためにこちらへ。心理学草案と同じ理由で読みにくい。フロイトには、今現在の脳科学の知見をもとに書いてほしい、と無理ながら思う。2019/04/21

ルンブマ

2
「heimlich」(馴染みの、内密の)という単語には、「馴染みのないもの」という意味と「馴染みのあるもの」という意味の、二つの両義的な意味を持っている。では、どうしてunheimlichには接頭辞の「un」がつき、不気味な(un - heimlich)ものとなるのか。それは馴染みのものの「抑圧」に依るとフロイトは述べている。2020/11/11

ウェイクルビー

0
「集団心理学と自我分析」(1921年)を所収2020/03/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/406038

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。