本の森をともに育てたい―日韓出版人の往復通信

個数:

本の森をともに育てたい―日韓出版人の往復通信

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年06月13日 15時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 190p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000614771
  • NDC分類 023.2
  • Cコード C0000

出版社内容情報

カン・マルクシル(韓国・四季節出版社社長)と大塚信一(岩波書店元社長)は、一〇年以上にわたってFAXを送り合い、深い友情をはぐくんできた。国を越えた読書共同体を夢見て、ともにその実現に力を注いだ二人の往復通信。それは、「東アジア出版人会議」と「坡州●パジュ●ブックアワード」という稀有な挑戦の記録である。

内容説明

カン・マルクシル(韓国・四季節出版社社長)と大塚信一(岩波書店元社長)は、一〇年以上にわたってFAXを送り合い、深い友情をはぐくんできた。国を越えた読書共同体を夢見て、ともにその実現に力を注いだ二人の往復通信。それは、「東アジア出版人会議」と「坡州ブックアワード」という稀有な挑戦の記録である。

目次

プロローグ この通信はどのように生まれたか
1 兄と妹、通信のはじまり 第1信(2009年6月15日)‐第3信(2009年7月3日)
2 韓国発、出版人が選ぶ出版賞 第4信(2011年12月22日)‐第24信(2012年11月2日)
3 友情は国を越えて 第25信(2013年3月18日)‐第38信(2015年6月24日)
4 サプライズの夜 第39信(2018年2月15日)‐第49信(2020年1月8日)
5 コロナ禍のなかの本づくり 第50信(2020年1月10日)‐第70信(2020年11月9日)
エピローグ 東アジア出版人会議がはぐくんだ夢

著者等紹介

カンマルクシル[カンマルクシル]
1956年生まれ。1988年四季節出版社入社。1994年より現在まで社長を務める。東アジア出版人会議事務総長、韓国出版人会議会長を歴任

大塚信一[オオツカノブカズ]
1939年生まれ。1963年岩波書店入社。数々の単行本・講座・シリーズ・岩波新書・雑誌を編集。1997‐2003年社長。東アジア出版人会議理事、坡州ブックアワード代表委員などを歴任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。