フーコー研究

個数:

フーコー研究

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月03日 08時34分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 570p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000614610
  • NDC分類 135.5
  • Cコード C3010

出版社内容情報

死後35年余、ますます重要性を増すミシェル・フーコー。実証的研究と哲学的考察が交差するその巨大な思想圏を、現在の人文科学の観点から多角的に解明する。京都大学人文科学研究所が主催、4年に渡る共同研究の成果を一挙収録。今後の人文科学において長く参照されうる強度をもった、フーコー研究の最前線にして到達点。

内容説明

実証的研究と哲学的考察を交差させ、人文科学への歴史的批判を展開したミシェル・フーコー(1926‐1984)。その巨大な思想圏は今なお世界の人文・社会系諸学において避けて通れない参照項であり、重要性はますます高まりつつある。『コレージュ・ド・フランス講義』『肉の告白』(「性の歴史」第4巻)をはじめとする死後刊行された資料を踏まえつつ、現在の知見に照らしてフーコーの仕事総体を多角的に解明、人文科学批判の意義を問い直す。

目次

1 安全/科学/セクシュアリティ
2 啓蒙/批判/主体
3 言語/文学/芸術
4 狂気/人間/精神分析
5 運動/権力/(新)自由主義
6 真理体制/統治性/資本
7 パレーシア/神/倫理

著者等紹介

小泉義之[コイズミヨシユキ]
立命館大学。専門は哲学、倫理学

立木康介[ツイキコウスケ]
京都大学人文科学研究所。専門は精神分析(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

袖崎いたる

3
2018年の『肉の告白』を受けての論集。コギト批判とパレーシアのくだりが楽しかった。千葉雅也のは短いながら相変わらず卓越しておる。ラカンとの関係にフォーカスを当てているのも多かったな。フーコーがラカンに負うところって大きいなぁって。コロナ禍でとくに際立っている政治/権力論は刺激的ね。丹生谷貴志のやつもすごかった。デュメジルのソクラテス論を取り上げてて、そこでソクラテス-フーコーの系譜が透けて見えていて、フーコーの「パレーシア=生き様」の姿がうかがえる。肉としての身体としての欲としての魂。このワンピースな。2021/08/26

Go Extreme

2
安全/科学/セクシュアリティ: 配慮と不安 考古学と科学史記述 言説、科学、イデオロギー 啓蒙/批判/主体: 啓蒙 カントの人間学 死者の疎外論 言語/文学/芸術: 現代性の美学 狂気/人間/精神分析: 治癒の哲学 狂気、主体、真理 二重化するフーコー 運動/権力/(新)自由主義: 生権力/生政治 主婦化するホモ・エコノミクス 真理体制/統治性/資本: 真理体制概念→アナーキーな権力分析 生権力と福祉国家 統治性論 人間の群れ パレーシア/神/倫理: せめて風狂であるために ソフィスト→パレーシアスト2021/12/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/17599551
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。