文化大革命五十年

個数:

文化大革命五十年

  • ウェブストアに47冊在庫がございます。(2019年05月21日 20時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 296p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000613071
  • NDC分類 222.077
  • Cコード C0022

内容説明

文化大革命の勝利者は誰だったのか。劉少奇ら実権派は文革派の犠牲となっただけだったのか。文革発動から五十年、その歴史を冷静に振り返るとき、真の文革像が見えてくる。文革の勝利者は実権派であり、敗北者は毛沢東を崇拝する造反派であった。流血は文革終了後も続き、犠牲者数は公表された数百倍にものぼる。文革を通じて現代中国の真実に迫る。

目次

第1部 文革の起源から終焉まで(文革の予兆;文革の正式発動から全面的奪権へ;「二月逆流」と武漢事件 ほか)
第2部 ポスト文革の中国(ポスト文革の大規模な摘発・批判・審査;摘発・批判・審査運動の拡大;胡耀邦、摘発・批判・審査の拡大を阻止 ほか)
第3部 文革五十年の総括(毛沢東の文革発動の動機;毛沢東路線のイデオロギー的背景―継続革命論;文革の根本原因は建国後十七年の社会制度 ほか)

著者等紹介

楊継縄[ヤンチーション]
1940年湖北省生まれ。清華大学卒。1968年新華社記者。1984年全国優秀新聞工作者に選出。2001年新華社退社後、『中国改革』誌などの編集者。2003年『炎黄春秋』副社長。多くの著書を発表したが、次第に当局に警戒され始めた。代表作の2008年『墓碑―中国六十年代大飢荒紀実』(香港・天地図書有限公司、邦訳『毛沢東大躍進秘録』、文藝春秋、2012年)は世界的に注目され、多数の賞を受賞。だが当局の圧力は強まり2015年『炎黄春秋』誌の離任を迫られた

辻康吾[ツジコウゴ]
1934年東京生まれ。1959年東京外国語大学中国語科卒。1961年立教大学法学部卒。毎日新聞社入社。香港、北京特派員。編集委員を歴任。1985年東海大学教授、1999年獨協大学教授。現代中国資料研究会代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

文化大革命の勝者は実権派であり,敗者は毛沢東と造反派であった.文革を通じて現代中国の真実に迫る.

楊継縄[ヨウケイジョウ]
編集

辻 康吾[ツジ コウゴ]
編集

現代中国資料研究会[ゲンダイチュウゴクシリョウケンキュウカイ]
翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件