ドイツ連邦主義の崩壊と再建―ヴァイマル共和国から戦後ドイツへ

個数:

ドイツ連邦主義の崩壊と再建―ヴァイマル共和国から戦後ドイツへ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月29日 02時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 271p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784000610971
  • NDC分類 234.07
  • Cコード C0022

内容説明

第一次世界大戦後に創設されたヴァイマル共和国では、従来の分権的な連邦制は克服すべきものとされ、共和国末期にヒトラーが国家を「画一化」して第三帝国を打ち立てた。しかし連邦制は第二次世界大戦後に復活し、東西統一を果たした現在のドイツで生き続けている。連邦主義をめぐる知識人たちの議論をたどり、ドイツの命運を左右した分権化と集権化の力学を読み解く。

目次

第1部 ヴァイマル共和国創立期(ヴァイマル憲法制定の審議過程におけるフーゴー・プロイス―直接公選大統領制をめぐって;ヴァイマル共和国における民主的単一国家論;ライヒ・ラント間の争訟―ヴァイマル憲法における国事裁判所)
第2部 ヴァイマル共和国崩壊期(ヴァイマル末期の国法学とカール・シュミットの連邦主義批判―新資料に即して;危機の共和国と新しい憲法学―カール・シュミットの憲法概念に関する一考察;エルンスト・ユンガーのナショナリズム論―ナチズム観の特徴とその変遷 ほか)
第3部 戦後再建期と全体の概観(戦後ドイツ連邦制の誕生―戦勝国とドイツとの相克の視角から;ドイツ連邦国家の発展―一八七〇年から一九三三年まで;ヴァイマル・ボン・ベルリン―基本法の歴史上の位置について)

著者等紹介

権左武志[ゴンザタケシ]
東京大学法学部卒業、北海道大学大学院法学研究科博士課程単位取得退学。法学博士。現在、北海道大学大学院法学研究科教授。『ヘーゲルにおける理性・国家・歴史』(岩波書店、2010年、和辻哲郎文化賞受賞)など(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。