境界と暴力の政治学―安全保障国家の論理を超えて

個数:

境界と暴力の政治学―安全保障国家の論理を超えて

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年12月04日 05時41分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 274,/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000610902
  • NDC分類 319.8
  • Cコード C0031

内容説明

グローバル内戦のもと過剰な安全保障国家化が進むなか、主権や領土の境界をめぐって暴力が再生産され、歴史修正主義を含む粗野な「現実主義」が横行している。私たちは暴力を受け入れ、この「現実」に従うしかないのだろうか。―この構造に抗うために、「現実主義」によって切り捨てられた“現実”と向き合い、そこから紡ぎ出された想像力の可能性を示す。

目次

動物化を昂進するグローバル内戦とそのメタ・ポリティクス
第1部 政治的暴力の現代的位相(ポスト世俗化時代における原理主義的アイデンティティ・ポリティクス;Gゼロ時代のユーラシアにおける文明的圏域の思想―動員されるジオボディ・ポリティクス;クロノトポスの政治的変容―四千年文明国家と百年国恥地図;方法としてのチベット;否認の政治と窪地からの声―マスキュリニティの危機との関連で;現実を切り捨てる「現実主義」―マスキュリニティの再編との連関)
第2部 「周辺化された現実」から「理想の力」へ(ジオボディ・ポリティクスの超克;「“非国‐民”の思想」の潜勢力―詩的想像力・再考;交差するラインを超えて―人権ギャップ縮小を志向する政治;「戦後かつ戦中」における脱セキュリタイゼーションの可能性―国連安保理決議一三二五をめぐる問題から考える;脆い生をケアする倫理―下からの平和な関係性の構築;方法としてのゾミア―リヴァイアサンを内破する野生のデモクラシー)

著者等紹介

土佐弘之[トサヒロユキ]
1959年、東京都生まれ。専門は国際関係論・政治社会学。東京大学大学院総合文化研究科修士課程修了。現在、神戸大学大学院国際協力研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。