岩波科学ライブラリー<br> カイメン―すてきなスカスカ

個数:

岩波科学ライブラリー
カイメン―すてきなスカスカ

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2022年05月26日 03時38分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 128p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000297066
  • NDC分類 483.2
  • Cコード C0345

出版社内容情報

脳も心臓も胃腸もない。どこを切ってもスッカスカ。動物?植物?そもそも生物? 海に行けば普通にいるが、印象が薄い。そんな存在感のないカイメンが、じつは生態系を牛耳る黒幕だった?! サンゴ礁の海も世界一透明な湖も、彼らなしには成り立たない。人間も紀元前から利用してきた。ジミにすごい正体にせまる。【カラー頁多数】

内容説明

脳も心臓も胃腸もない。どこを切ってもスッカスカ。動物?植物?そもそも生物?海に行けば普通にいるが、印象が薄い。そんな存在感のないカイメンが、じつは生態系を牛耳る黒幕だった?!サンゴ礁の海も、世界一透明な湖も、彼らなしには成り立たない。人間も紀元前から利用してきた。ジミにすごい正体にせまる。

目次

第1章 ヒトとカイメン(歴史の影にカイメンあり;カイメン漁師の栄枯盛衰 ほか)
第2章 生き物としてのカイメン(スカスカの体は何のため?;カイメンは動物 ほか)
第3章 カイメン行動学ことはじめ(水路をキレイに保つ秘密;カイメンの「くしゃみ」 ほか)
第4章 カイメンをとりまく生き物たち(カイメンを食べる生き物;付着する生き物との攻防 ほか)
第5章 生態系のなかのカイメン(「謎の生態系」微生物ループの発展;ダーウィンも悩んだ謎、その黒幕の正体 ほか)

著者等紹介

椿玲未[ツバキレミ]
1985年生まれ。京都大学文学部に進学。生態学の授業で生き物への情熱がよみがえり、生物の研究ができる総合人間学部に転学部、卒論では沖縄・八重山列島の海で砂に潜るハゼ(スナハゼ)を研究。その後、研究テーマを二枚貝とカイメンの共生関係に移し、2013年、京都大学大学院人間・環境学研究科で博士(人間・環境学)を取得。学位取得後は森林総合研究所でカミキリムシを研究しながらもカイメンのシンプルながら奥深い生態に魅せられ、海洋研究開発機構に移りカイメン漬け生活がスタート。現在はサイエンスライターとして活動しながら、東京大学総合研究博物館、海洋研究開発機構でカイメンの研究も進めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kinkin

115
脳も心臓も胃腸もないスカスカ スカスカ スッカスカーなのに生態系を牛耳っていた。・・・表紙より。カイメンは海岸にようく打ち上げられているのを見かける。海の荒れた日のあとは多い。そんなカイメン、英語でスポンジというらしい。スポンジというのは和製だと思っていた。カイメンは子供の頃、郵便局や事務机に必ずおいてあることに気づいた。切手を貼るときに水を含ませたカイメンで湿らせて貼る、ただうちで貼るときは舌で湿らせたが・・・カイメン、何もせずに海水から栄養を濾し取って生きるだけかと思っていたらそうではないらしい。2021/10/02

にしがき

22
👍👍👍👍 この岩波のシリーズはハズレ無し。ワクワクと驚きを提供してくれる。/カイメン素人の自分には、カイメンの英語名がスポンジであるのも驚き。カイメンの人との関わり、体の構造(スカスカ)、増え方、他の生物との関係、生態系での役割、等々…新しいことだらけで脳が喜ぶ。多種多様な骨片について、「骨片の形がもつ機能的な意味はわかっていない。そもそも、機能的な意味はない可能性もある」なんて素晴らしい。/随所に著者のカイメン愛が滲み出ているのも良い。世界一長生きの動物についてのエピソードが好き。2022/01/08

22
1万年生きた個体の骨片が深海からみつかったり、イルカは海底漁って餌をとるときに、やらかいカイメンくわえて口を保護したり(血縁関係にあるイルカだけによる特定の道具使用の例)、御幼少のオスメスのエビをとじこめて、大きくなったら出られなくなる棲み処と化す闇の腐女子の概念みたいなカイロウドウケツちゃんのヤンデレっぷりにいたるまで、そのすてきなスカスカっぷりと著者の愛を堪能。ごちそうさまでした。2021/11/28

翠埜もぐら

21
カイメンってスポンジとしてぐらいの認識しかなかったのですが、あれ生き物だったのか。黒くなったので漂白しようとしたら溶けてしまって、そうかタンパク質だから溶けちゃったんだ。すりつぶしても死なず千切れてもそのまま増殖したり、首までどっぷり文系人間はこれが生き物ですと言われても、神経もないのにどうやって反応するのかと納得できなーい。しかも食糧事情から肉食化したものまでいる。カイメンの体内にある微小なガラス質の骨片の話が面白かったです。石灰質ではなくガラス質であるからシアノバクテリアとうまく共生できるってすごい。2021/11/23

itokake

15
日本初のカイメン本。副題がパンチ強め。著者は研究者で、自身も最初からカイメンを見ていたわけではない。私も貝類愛好家だけど、カイメンはカイロウドウケツを持っているだけで特に深く考えたこともなかった。ところが、本をめくるとすぐにカイメンの未知で奥深い世界にいざなわれ、夢中で読んでいた。バイカル湖が透明なのも、海で炭素が循環するのも、ロンドンにガーキン(独特な景観のビル)があるのも、カイメンのおかげ。サンゴ礁ならぬ、カイメン礁はジュラ紀の浅瀬に大繁栄したあと絶滅したと言われていたが、1987年に発見!2021/10/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18355906

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。