岩波科学ライブラリー<br> おしゃべりな糖―第三の生命暗号、糖鎖のはなし

個数:

岩波科学ライブラリー
おしゃべりな糖―第三の生命暗号、糖鎖のはなし

  • ウェブストアに8冊在庫がございます。(2020年11月24日 16時19分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 128p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000296908
  • NDC分類 464.3
  • Cコード C0345

内容説明

糖といえばエネルギー源。しかし、その連なりである糖鎖は、情報伝達に大活躍する。糖はかしこく、おしゃべりなのだ!細胞表面にびっしりとひしめいて、ごろごろ転がる白血球を止め、病原体の感染をふせぎ、ときには殺人に巻き込まれ…。謎多き生命の“黒幕”、糖鎖の世界をいきいきと伝える、はじめての入門書。

目次

1 おしゃべりな糖が命を支える
2 糖鎖はどこで何をする?
3 糖コードを読みとる―浮気なレクチンの秘密
4 ミルクのオリゴ糖がきた道
5 糖鎖をつくる、糖鎖をこわす
6 糖コードと健康

著者等紹介

笠井献一[カサイケンイチ]
1939年生まれ。1962年東京大学理学部生物化学科卒業(第1期生)。フランス政府給費留学生(パリの生物物理化学研究所で研究生活)、北海道大学薬学部助手・助教授を経て、1979年より帝京大学薬学部教授、2010年同大学名誉教授。理学博士。専門はタンパク質化学、糖鎖生物学、アフィニティー技術(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

外交,殺人,甘い罠.謎多き生命の〈黒幕〉,糖鎖の世界をいきいきと伝える,はじめての入門書.