岩波科学ライブラリー<br> メタボも老化も腸内細菌に訊け!

個数:

岩波科学ライブラリー
メタボも老化も腸内細菌に訊け!

  • ウェブストアに73冊在庫がございます。(2019年02月21日 06時29分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 132p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784000296816
  • NDC分類 491.346
  • Cコード C0347

内容説明

メタボリック・シンドロームに関わる「デブ菌」や「やせ菌」、老化に関わる「老化菌」や「若返り菌」―はたしてそんな細菌は存在するのか?癌の発症に腸内細菌はどこまで関与しているのか?食事・運動・睡眠などの生活習慣の改善によって腸内細菌叢を若々しく保ち、癌を防ぎ、老化を遅らせることはできるのか?

目次

はじめに―腸内細菌と現代病
1 メタボと腸内細菌の入り組んだ関係
2 高血圧・動脈硬化をもたらす腸内細菌
3 癌や肥満にあの腸内細菌が効果
4 老いをもたらすもの
5 アルツハイマー病と脳‐腸‐細菌軸
6 生活習慣が腸内細菌を変える

著者等紹介

小澤祥司[オザワショウジ]
環境ジャーナリスト/科学ライター。1956年静岡県生まれ。東京大学農学部卒業。主に生物多様性、自然エネルギー、持続可能な社会をテーマに執筆活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

腸内細菌叢を若々しく保てば,癌の発症を防いだり,老化を遅らせたり,認知症の進行を食い止めたりできるのか?

はじめに――腸内細菌と現代病

1 メタボと腸内細菌の入り組んだ関係
 メタボリック・シンドローム=内臓脂肪症候群?/死の四重奏/善玉と悪玉のアディポカイン/内臓脂肪とディスバイオシス

2 高血圧・動脈硬化をもたらす腸内細菌
 高血圧と食塩の関係/腸内細菌が血圧調整に介在?/短鎖脂肪酸が血圧調整に関与/食塩が善玉菌を減らす?/食塩と胃癌のリスク/動脈硬化を引き起こすTMAO/TMAをつくる腸内細菌

3 癌や肥満にあの腸内細菌が効果
 癌と肥満にまつわる不都合な真実/肝癌と腸内細菌をつなぐ物質/腸内細菌は膵臓癌発症に関わっているか?/明らかになってきたアッケルマンシアの働き/短鎖脂肪酸が大腸癌リスクを下げる

4 老いをもたらすもの
 「老化」とは何か/炎症老化とNF‐κB/内臓肥満がもたらす免疫老化/老化への腸内細菌の影響/「長寿菌」「若返り菌」は存在するか?/高齢者の衰弱にも腸内細菌が関与?

5 アルツハイマー病と脳‐腸‐細菌軸
 増え続ける認知症/アルツハイマー病の症状とメカニズム/発症リスク因子は加齢と生活習慣/歯周病とアルツハイマー病の関係/アルツハイマー病への腸内細菌の関わり/腸内細菌由来分子の作用/脳‐腸‐細菌軸ふたたび

6 生活習慣が腸内細菌を変える
 運動習慣は認知症を防ぐか?/運動がもたらす腸内細菌叢の変化/食事と認知症と腸内細菌の関係/注目を集める地中海食/オメガ3脂肪酸の効用/地中海食と日本食/コーヒー,お茶,赤ワイン/睡眠不足が腸内細菌叢を乱す

小澤 祥司[オザワ ショウジ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件