岩波科学ライブラリー<br> 科学者の卵たちに贈る言葉―江上不二夫が伝えたかったこと

電子版価格 ¥1,320
  • 電書あり

岩波科学ライブラリー
科学者の卵たちに贈る言葉―江上不二夫が伝えたかったこと

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 111p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000296106
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0340

内容説明

研究生活で壁にぶつかって苦しいとき、尊敬する人がこんなことを言ってくれたら…。戦後日本の生命科学を牽引した江上不二夫は、独創的なものの見方やアイデアで周囲を驚嘆させただけでなく、弟子を鼓舞する名人でもあった。自然や生命に対する謙虚さに発したその言葉は、大発見を成し遂げた古今の科学者の姿勢にも通じる。

目次

1 他人と戦わない
2 人真似でかまわない
3 伝統を大切にする
4 つまらない研究なんてない
5 三ヵ月で世界の最先端になる
6 実験が失敗したら喜ぶ
7 先生は偉くない

著者等紹介

笠井献一[カサイケンイチ]
1939年生まれ。1962年東京大学理学部生物化学科卒業。同大学大学院化学系研究科生物化学専攻博士課程在学中にフランス政府給費留学生としてパリの生物物理化学研究所で研究に従事。北海道大学薬学部助手、同助教授を経て、1979年より帝京大学薬学部教授、2010年より同大学名誉教授。専門はアフィニティー技術、糖鎖生物学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ehirano1

59
タイトルのとおり、「科学者の卵たち」には最高の言葉で最高の疑似体験(江上先生の門下生になるという疑似体験)をすることができます。当方は本書で紹介されている江上語録と言動から江上先生は中村天風が云うところの“積極的精神”を有していることが感じられ、科学者としてはもとより、人としても深い尊敬の念を抱きました。2017/02/04

ehirano1

49
大変だとは思いますが、このような先生の元で研究生活をやってみたかったと思いましたが、今となってはです。但し、本書に触れることで疑似体験はできるので、存分に楽しむつもりです。2014/07/03

kuri8655

23
ワトソン&クリックの『二重らせん』の訳者としても知られ、戦後日本の生化学を牽引した一人である江上不二夫先生。32歳で名古屋大学の教授となって以降、情熱的に後進を指導しつづけた先生の折々の言葉を教え子がまとめた本。理系の話は好きなのだが生化学にはもう一つ興味が持てず知識も無いので、いろいろ検索しながら読んだ。かなりテンション高くて愛すべき人柄だった先生への敬意が溢れ、いい話も数々あるのだが、残念ながら読みにくい。編集の段階で工夫のしようがあったのではないか。私家版ならOKだが、先生を存知上げない者には辛い。2013/08/23

calaf

13
日本における生命科学の先駆者の一人である江上不二夫さんの語録。研究者の多様性を重視し、とにかく鼓舞することしきりだった人らしい...2013/11/14

太鼓

7
社会人全般に役に立つ。もちろん学生さんにも。人を教育するというのは難しいが、すばらしいことでもある。成功とか失敗とかではなく、もっと主観的に生きられるといいかも。2016/10/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6958115

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。