岩波現代全書<br> アウンサンスーチーのビルマ―民主化と国民和解への道

個数:

岩波現代全書
アウンサンスーチーのビルマ―民主化と国民和解への道

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2019年05月23日 07時57分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 187,/高さ 20cm
  • 商品コード 9784000291514
  • NDC分類 289.2
  • Cコード C0323

内容説明

かつてビルマ軍政が最も恐れたアウンサンスーチー。長期にわたる自宅軟禁、暗殺の危機、そして夫との死別…。それでも彼女はビルマの民主化と国民和解への希望を捨てることはなかった。二〇一〇年一一月、六五歳で自宅軟禁から最終的に解放され、現在は下院議員として活動するアウンサンスーチーの思想の骨格を浮き彫りにし、彼女が目指すビルマの未来を展望する。

目次

序章(来日時の発言から;ビルマの「変化」とアウンサンスーチー ほか)
第1章 半生を振り返る(「独立の父」アウンサンの娘;少女時代 ほか)
第2章 思想の骨格(恐怖から自由になること;「正しい目的」と「正しい手段」 ほか)
第3章 非暴力で「暴力の連鎖」を断つ(戦術としての非暴力;「暴力の連鎖」としてのビルマ近現代史 ほか)
第4章 国民和解への遠き道のり(二〇一一年三月の「民政移管」と〇八年憲法体制;下院議員となる ほか)

著者等紹介

根本敬[ネモトケイ]
1957年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。同大学院比較文化研究科博士後期課程中退。東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所教授等を経て、上智大学総合グローバル学部教授。専攻はビルマ近現代史(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

ビルマ軍政が最も憎み、恐れたアウンサンスーチー。長期にわたる自宅軟禁、度重なる暗殺の危機、そして夫との死別……。なぜ彼女は恐怖と苦痛に打ち勝つことができたのか。2010年11月、65歳で自宅軟禁から解放され、現在は下院議員として活動するアウンサンスーチーの思想の骨格を浮き彫りにし、彼女が目指すビルマの未来を展望する。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件